« 負荷平準化 | トップページ | パーセントインピーダンス »

2009年2月24日 (火)

電気の歴史

◆理論「電気の歴史に関する問題」
次の1~5の人物に対応する、業績をア~オより選びなさい。

1.フランクリン
2.キャペンディッシュ
3.エルステッド
4.テスラ
5.ヘンリー

(ア)電磁石の発見
(イ)交流モータと交流発電システムを発明
(ウ)電気力が距離の逆二乗則に比例することを発見
(エ)雷が電気現象であることを確認
(オ)電流による磁力を発見

解答

1.-エ
2.-ウ
3.-オ
4.-イ
5.-ア

解説

電気とは、昔から静電気や雷などで知られてはいたのですが、
その具体的な働きや、その働きを説明できるようになったのは18世紀半ば
になってからです。
 そして19世紀は電気の発展がめざましく、電気の原理が確立されて、
電気の世紀ともいわれています。
 20世紀には電気が実用化の時代に入っていき、同時に電気の本質が
量子論で明らかにされてきたのです。

|

« 負荷平準化 | トップページ | パーセントインピーダンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28338520

この記事へのトラックバック一覧です: 電気の歴史:

« 負荷平準化 | トップページ | パーセントインピーダンス »