« 電路の絶縁 | トップページ | アモルファストランス »

2009年2月19日 (木)

3電圧計法

◆理論「3電圧計法に関する問題」
交流電源電圧をV3、負荷電圧をV1、負荷と直列に挿入した既知抵抗R電圧を
V2とするとき、3電圧計法による電力Pを表すしきは次のうちどれか。

(ア)P=1/2R(V2^2-V1^2-V3^2)(W)
(イ)P=1/2R(V3^2-V1^2-V2^2)(W)
(ウ)P=1/2R(V1^2-V3^2-V2^2)(W)
(エ)P=1/2R(V3^2-V2^2-V1^2)(W)
(オ)P=1/2R(V1^2-V2^2-V3^2)(W)

解答

(イ)

解説

この方法は、Rに電力損を生ずる欠点はあるが、小電力や高周波電力の測定に
用いられる。

|

« 電路の絶縁 | トップページ | アモルファストランス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/28205310

この記事へのトラックバック一覧です: 3電圧計法:

« 電路の絶縁 | トップページ | アモルファストランス »