« 磁気ヒステリシス曲線 | トップページ | 比例動作 »

2009年1月21日 (水)

地熱発電

◆電力「地熱発電に関する問題」

次は地熱発電についての説明である。誤っているものを選びなさい。

1.地下に掘削した坑井から噴出する天然蒸気を用いてタービンを廻して行う
発電である。

2.エネルギー資源としては、純国産であること、地球温暖化の元凶である
炭酸ガスの排出量が少なく、地球環境に優しいことが大きな特徴である。

3.井戸の深さは100mから300mにも達する。

4.日本での地熱発電の規模は、最大の地域でも11万キロワットで、
最近建設さ れているのは2万から3万キロワット程度である。

5.本格的な商業規模の地熱発電は、1966年に岩手県松尾村の松川地熱発電所に
おいて開始された。

解答

3.

解説

3.井戸の深さは1000mから3000mにも達する。
・・・が正解

地熱エネルギーとは、地球の誕生以来、地球の内部で生成され、
蓄積されてきた熱エネルギーです。
これは、地表近くでは、例えば、火山活動や温泉などで
地下から放出されています。

|

« 磁気ヒステリシス曲線 | トップページ | 比例動作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/27344326

この記事へのトラックバック一覧です: 地熱発電:

« 磁気ヒステリシス曲線 | トップページ | 比例動作 »