« 比例動作 | トップページ | コンデンサー »

2009年1月23日 (金)

電気工事業法

◆法規「電気工事業法に関する問題」

つぎの電気工事業法に関する記述で誤っているのはどれか。

1.登録電気工事業者及びみなし登録電気工事業者が一般用電気工作物に係る
電気工事の業務を行う特定営業所には、特定営業所ごとに一般用電気工事の
作業を管理させるため、所定の要件を満たす者を主任電気工事士として置
かなければならない。

2.登録電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士又は
第二種電気工事士でない者を自家用電気工事の作業に従事させてはならない。

3.電気工事業者は、その請け負った電気工事をその電気工事に係る電気工事業を
営む電気工事業者でない者に請け負わせてはならない。

4.電気工事業者は、電気用品安全法に規定する表示が付されている電気用品で
なければ、これを電気工事に使用してはならない。

5.電気工事業者は、その営業所及び電気工事の施工場所ごとに、
その見やすい場所に、氏名又は名称、登録番号その他所定の事項を記載した
標識を掲げなければならない。

解答

2.

解説

電気工事士等でない者を電気工事の作業に従事させることの禁止
(電気工事業法第21条)
登録電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士又は第二種電気工事士で
ない者を一般用電気工事の作業に従事させてはなりません。

電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士でない者を自家用電気工事
(特殊電気工事を除く。)の作業に従事させてはなりません。
ただし、認定電気工事従事者を簡易電気工事の作業に従事させることができます。

電気工事業者は、その業務に関し、特種電気工事資格者でない者を
その特殊電気工事の作業に従事させてはなりません。

|

« 比例動作 | トップページ | コンデンサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/27403876

この記事へのトラックバック一覧です: 電気工事業法:

« 比例動作 | トップページ | コンデンサー »