« 電気関係法律 | トップページ | »

2009年1月 2日 (金)

国際単位系(SI)

◆理論「国際単位系(SI)に関する問題」

 国際単位系(SI)において、次元的に独立であると見なされる七つの量、
と基本単位との関係で誤っているのはどれか。

1.長さ       メートル  [m]
2.質量      キログラム  [kg]
3.時間          秒  [s]
4.電流       アンペア  [A]
5.熱力学温度      度C  [℃]
6.物質量        モル  [mol]
7.光度       カンデラ  [cd]

解答

5.熱力学温度    度C  [℃]

解説

5.熱力学温度    ケルビン  [K]
が正解。

いろいろな物理量の大きさを、全世界に共通な単位系で表すことは、
国際交流、学術交流、教育などの分野はもとより、
産業あるいは社会生活上大きな利便があります。
一般に単位は、数個の基本単位とそれから導き出される
組立単位に分類されますが、
基本単位は目的や利用上の便利さを考慮して選ばれています。

 国際単位系(SI)では、次元的に独立であると見なされる七つの量、
すなわち、長さ、質量、時間、電流、熱力学温度、物質量及び光度について
明確に定義した単位、
メートル[m]、キログラム[kg]、秒[s]、アンペア[A]、ケルビン[K]、
モル[mol]、及びカンデラ[cd]を基本単位として選定しました。
その他の単位(組立単位)は、七つの基本単位から数値係数を
含まない乗除算により導き出すことができます。

|

« 電気関係法律 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26738754

この記事へのトラックバック一覧です: 国際単位系(SI):

« 電気関係法律 | トップページ | »