« 電気工事士法 | トップページ | 直流送電 »

2009年1月 6日 (火)

誘電体

◆理論「誘電体に関する問題」

次の誘電体に関する記述で誤っているのはどれか。

1.絶縁体とほぼ同義である。
2.電界を取り除いても分極が0になる常誘電体がある。
3.電界を取り除いても分極が0にならない強誘電体がある。
4.高誘電体とは、常誘電体のうち誘電率が高い、(酸化タンタル)などの材料である。
5.電場中の誘電体に対して磁場中の透磁率という概念がある。

解答

5.

解説

5.電場中の誘電体に対して磁場中の磁性体という概念がある。
が正解。

 (A) 強磁性体:磁石に強く引きつけられる。電磁石をOFFにしたあと、
   自分自身も磁石になっている。
        例:鉄
 (B) 常磁性体:弱い力で磁石に引き寄せられる。自分自身は磁石にならない。
        例:アルミニウム、液体酸素
 (C) 反磁性体:非常に弱い力で磁石から遠ざかろうとする。
   自分自身は磁石にならない。
        例:銅、水

|

« 電気工事士法 | トップページ | 直流送電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26869756

この記事へのトラックバック一覧です: 誘電体:

« 電気工事士法 | トップページ | 直流送電 »