« 電力自由化 | トップページ | 中性点接地方式 »

2009年1月29日 (木)

指示電気計器

◆理論「指示電気計器に関する問題」

指示電気計器の動作原理について次の記述のうち、誤っているのはどれか。

1.[整流形]:ダイオードなどの整流素子を用いて交流を直流に変換し、
可動コイル形計器で指示させる方式

2.[熱電形]:発熱線に流れる電流によって熱せられる熱電対に生じる起電力を、
可動コイル形計器で指示させる方式

3.[可動コイル形]:固定コイルに流れる電流の磁界と、可動コイルに流れる電流と
の間に生じる力によって、可動コイルを駆動させる方式

4.[静電形]:異なる電位を与えられた固定電極と可動電極との間に生じる起電力に
よって、可動電極を駆動させる方式

5.[可動鉄片形]:固定コイルに流れる電流の磁界と、その磁界によって磁化された
可動鉄片との間に生じる力により、又は固定コイルに流れる電流によって固定鉄片
及び可動鉄片を磁化し、両鉄片間に生じる力により可動鉄片を駆動させる方式

解答

3.

解説

可動コイル形計器は、最も古くから存在する計器で,大部分は永久磁石のつくる
磁界の中に可動コイルをおき,コイルに流れる電流と磁界の作用による電磁力と
制御トルクを平衡させ指針を駆動するもの。

|

« 電力自由化 | トップページ | 中性点接地方式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/27574635

この記事へのトラックバック一覧です: 指示電気計器:

« 電力自由化 | トップページ | 中性点接地方式 »