« | トップページ | 電気工事士法 »

2009年1月 4日 (日)

液晶ディスプレイ

◆機械「液晶ディスプレイに関する問題」

次の液晶ディスプレイに関する記述で誤っているのはどれか。

1.液晶とは「液体」と「結晶」の合成語である。

2.液晶にもいろいろな種類があるが、その中には「スメクティック液晶」
「ネマティック液晶」「コレステリック液晶」などがある。

3.液晶自体に、自ら光を発する力がある。

4.一般の液晶ディスプレイでは、ノーマリー・ホワイトが採用されている。

5.パソコン用ディスプレイに需要が多い。

解答

3.

解説

液晶自体には、自ら光を発する力はない。

液晶ディスプレイ(えきしょうディスプレイ、Liquid Crystal Display、略語LCD)
は液晶の素子を組み込んだ画像表示装置(コンピュータディスプレイなど)である。
単にLCDと呼ぶときは液晶ディスプレイではなく、
その部品の一つである液晶パネル(LCDパネルとも)を指すこともある。

液晶ディスプレイなど液晶を使用した表示装置のことを指して、
単に「液晶」と呼ぶこともある。

液晶テレビ、携帯電話、デジタルカメラ、パーソナルコンピュータ等の
画像表示装置として、広く用いられている。

|

« | トップページ | 電気工事士法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26795033

この記事へのトラックバック一覧です: 液晶ディスプレイ:

« | トップページ | 電気工事士法 »