« 電気工事業法 | トップページ | 太陽光発電 »

2009年1月24日 (土)

コンデンサー

◆理論「コンデンサーに関する問題」

次の1~5の電子機器用コンデンサーに対応する説明をA~Eの中より
選びなさい。

1.電解コンデンサー
2.プラスチックフィルムコンデンサー
3.マイカコンデンサー 
4.セラミックコンデンサー
5.電気二重層コンデンサー

A.アルミ箔を使用したものと、蒸着膜をつけたメタライズド型がある
B.アルミ電解に比べ約3000倍程度の大容量が得られる
C.酸化チタン系は温度保償型、チタン酸バリウム系は高誘電率型
D.アルミ箔間に雲母板を挟んだもの
E.コンデンサーでは、大容量で、広範囲で使用されている

解答

1.-E.
2.-A.
3.-D.
4.-C.
5.-B.

解説

マイカコンデンサはイタリーのMatteuciによって発明され、1845年に
製作されている。
 マイカコンデンサはペーパーコンデンサと並んで古くから使用され、
特に1950年代以前のセラミックコンデンサ、電解コンデンサがまだ十分な
特性と信頼性が得られなかった時代には電子機器用の2大コンデンサであった。
マイカコンデンサは電気的に優れた特性を持つ天然マイカを誘電体としてい
るので、コンデンサとしての優れた特性と過去長年月にわたる使用実績から、
高信頼性、高安定度を要求される電子機器、特に測定器、超多重搬送通信装置
などに広く用いられてきた。

|

« 電気工事業法 | トップページ | 太陽光発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/27431185

この記事へのトラックバック一覧です: コンデンサー:

« 電気工事業法 | トップページ | 太陽光発電 »