« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

過給器

◆機械「過給器に関する問題」

次は常用発電機に採用される過給器に関する記述である。誤っているのはどれか。

1.過給器とは、通常なら無駄に排出されるエンジン排気ガスのエネルギーを
再利用した、一種のエアーポンプである。

2.排気ガスは、まずタービンホイールアッセンブリー(ホットサイド)を
駆動する。

3.コンプレッサーホイールが回転することによって、大量の空気を圧縮状態で
エンジンの燃焼室に送り込むことができる。

4.圧縮された空気は密度も増しているため、より多くの燃料を送り込むことが
できる。

5.過給器により圧縮された空気と燃料の混合ガスは、温度が上昇すると
ノッキングの原因になるので冷却する必要がある。

解答

本設問の記述には、誤りはない。

解説

過給器(スパーチャージャ)
エンジンの出力を上げるためには、密度の高い空気をどれだけ大量にエンジン
に取込めるかが鍵になります。過給器は、圧力の高い空気を強制的にシリンダ内
に送り込む装置で、排気の圧力でタービンを回転させて駆動させる方式と、
エンジンのクランクシャフトから動力を得る方式があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

中性点接地方式

◆電力「中性点接地方式に関する問題」

次の内、わが国の高圧配電線路に一般的に採用されている中性点接地方式は
どれか。

1.直接接地

2.抵抗接地

3.消弧リアクトル接地

4.補償リアクトル接地

5.非接地

解答

5.非接地

解説

中性点接地方式(ちゅうせいてんせっちほうしき)とは、電線路や電力機器の
保安や絶縁の軽減などのために行われる、変圧器の中性点の接地の方式である。

目的
雷撃によるアーク地絡などによる、電線路の異常電圧の発生を防止する。
地絡事故時の健全相の電圧上昇を抑制し、電線路・電力機器の絶縁を軽減する。
地絡事故時に中性点を通じて電流を流し、保護継電器が確実に動作する
電流・電圧を確保し、事故区間を早期に開放する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

指示電気計器

◆理論「指示電気計器に関する問題」

指示電気計器の動作原理について次の記述のうち、誤っているのはどれか。

1.[整流形]:ダイオードなどの整流素子を用いて交流を直流に変換し、
可動コイル形計器で指示させる方式

2.[熱電形]:発熱線に流れる電流によって熱せられる熱電対に生じる起電力を、
可動コイル形計器で指示させる方式

3.[可動コイル形]:固定コイルに流れる電流の磁界と、可動コイルに流れる電流と
の間に生じる力によって、可動コイルを駆動させる方式

4.[静電形]:異なる電位を与えられた固定電極と可動電極との間に生じる起電力に
よって、可動電極を駆動させる方式

5.[可動鉄片形]:固定コイルに流れる電流の磁界と、その磁界によって磁化された
可動鉄片との間に生じる力により、又は固定コイルに流れる電流によって固定鉄片
及び可動鉄片を磁化し、両鉄片間に生じる力により可動鉄片を駆動させる方式

解答

3.

解説

可動コイル形計器は、最も古くから存在する計器で,大部分は永久磁石のつくる
磁界の中に可動コイルをおき,コイルに流れる電流と磁界の作用による電磁力と
制御トルクを平衡させ指針を駆動するもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

電力自由化

◆法規「電力自由化に関する問題」

平成11年5月に成立した、改正電気事業法の電力自由化に関する記述で
誤っているのはどれか。

1.小売への部分自由化の導入

2.料金規制の見直し、
(料金引下げ時における届出制の導入、選択約款メニューの拡大)

3.発電市場のさらなる活性化

4.電力会社の経営自主性の尊重

5.高圧受電の需要家のうち500kW以上を自由化

解答

5.

解説

高圧受電の需要家のうち500kW以上を自由化は平成16年4月

平成17年4月からは,すべての高圧受電の需要家が,電力自由化の対象となる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

マグネトロン

◆機械「マグネトロンに関する問題」

次はマグネトロンに関する記述である。誤っているのはどれか。

1.電子レンジの心臓部ともいえるのは、「マグネトロン」と呼ばれる一種の
真空管である。

2.二極真空管を利用して、マイクロ波発振用のマグネトロンを開発したのは
アメリカのハルである(1921年)。

3.ハル考案によるマグネトロンは、陽極は円筒形になっていて、
中心軸には線状の陰極が設けられている。

4.中心軸方向に磁界を加えることによって、真空管はマイクロ波を発生する
マグネトロンへと変身する。

5.電子の振動と電界の周期的変化のタイミングをうまく合わせると、
出力アンテナからマイクロ波を発生させることができる。

解答

本設問の記述には、誤りはない。

解説

1928年、大阪大学の岡部金次郎は円筒形の陽極を分割することで、
より強いマイクロ波を発生できることを発見した。
これが現在の分割型マグネトロンの始まりである。

電子レンジのマグネトロンから出るマイクロ波の周波数は2450メガヘルツ
[24億5千万ヘルツ]と国際的にきめられている。マイクロ波は電波の
一種なので、電波障害を起こさないように、世界で統一されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

太陽光発電

◆電力「太陽光発電に関する問題」

次は太陽光発電についての説明である。誤っているものを選びなさい。

1.太陽光発電システムは、大きく分けて系統連系型と独立型のふたつの
システムある。

2.系統連系型システムは、商用電力系統と連系して電気を売買するシステム
である。

3.系統連系型システムは、発電量が余るときには電力会社に買い取ってもらう事が
できる。

4.独立型システムは、商用電力系統と完全に分離したシステムで、太陽光で
発電した電気だけで運転する。

5.住宅 用太陽光発電システムや公共産業用太陽光発電システムはほとんど、
独立型システムである。

解答

5.

解説

5.住宅 用太陽光発電システムや公共産業用太陽光発電システムはほとんど、
系統連系型システムである。
・・・が正解

系統連系
太陽光発電システムの電気を電力会社の電気とつなげ両方の電気を使えるように
することをいいます。
■ 逆潮流
太陽光発電システムで発電した電気を電力会社へ送ることをいいます。
電力会社へ送った電気は買い取って頂けます。
■ ガイドライン(系統連系技術要件)
太陽光発電システムを設置する場合に必要となる技術的な事を国がまとめた
指針です。

■ 電力協議
太陽光発電システムを設置する場合に電力会社との間で打ち合わせる事を
いいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

コンデンサー

◆理論「コンデンサーに関する問題」

次の1~5の電子機器用コンデンサーに対応する説明をA~Eの中より
選びなさい。

1.電解コンデンサー
2.プラスチックフィルムコンデンサー
3.マイカコンデンサー 
4.セラミックコンデンサー
5.電気二重層コンデンサー

A.アルミ箔を使用したものと、蒸着膜をつけたメタライズド型がある
B.アルミ電解に比べ約3000倍程度の大容量が得られる
C.酸化チタン系は温度保償型、チタン酸バリウム系は高誘電率型
D.アルミ箔間に雲母板を挟んだもの
E.コンデンサーでは、大容量で、広範囲で使用されている

解答

1.-E.
2.-A.
3.-D.
4.-C.
5.-B.

解説

マイカコンデンサはイタリーのMatteuciによって発明され、1845年に
製作されている。
 マイカコンデンサはペーパーコンデンサと並んで古くから使用され、
特に1950年代以前のセラミックコンデンサ、電解コンデンサがまだ十分な
特性と信頼性が得られなかった時代には電子機器用の2大コンデンサであった。
マイカコンデンサは電気的に優れた特性を持つ天然マイカを誘電体としてい
るので、コンデンサとしての優れた特性と過去長年月にわたる使用実績から、
高信頼性、高安定度を要求される電子機器、特に測定器、超多重搬送通信装置
などに広く用いられてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

電気工事業法

◆法規「電気工事業法に関する問題」

つぎの電気工事業法に関する記述で誤っているのはどれか。

1.登録電気工事業者及びみなし登録電気工事業者が一般用電気工作物に係る
電気工事の業務を行う特定営業所には、特定営業所ごとに一般用電気工事の
作業を管理させるため、所定の要件を満たす者を主任電気工事士として置
かなければならない。

2.登録電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士又は
第二種電気工事士でない者を自家用電気工事の作業に従事させてはならない。

3.電気工事業者は、その請け負った電気工事をその電気工事に係る電気工事業を
営む電気工事業者でない者に請け負わせてはならない。

4.電気工事業者は、電気用品安全法に規定する表示が付されている電気用品で
なければ、これを電気工事に使用してはならない。

5.電気工事業者は、その営業所及び電気工事の施工場所ごとに、
その見やすい場所に、氏名又は名称、登録番号その他所定の事項を記載した
標識を掲げなければならない。

解答

2.

解説

電気工事士等でない者を電気工事の作業に従事させることの禁止
(電気工事業法第21条)
登録電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士又は第二種電気工事士で
ない者を一般用電気工事の作業に従事させてはなりません。

電気工事業者は、その業務に関し、第一種電気工事士でない者を自家用電気工事
(特殊電気工事を除く。)の作業に従事させてはなりません。
ただし、認定電気工事従事者を簡易電気工事の作業に従事させることができます。

電気工事業者は、その業務に関し、特種電気工事資格者でない者を
その特殊電気工事の作業に従事させてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

比例動作

◆機械「比例動作に関する問題」

次は空調自動制御における比例動作に関する記述である。誤っているのはどれか。

1.比例動作はI動作とも呼ばれる。

2.比例動作は比例帯内で、現在値と設定値の偏差に比例した操作量を
働かす動作を言う。

3.比例帯の目安は、装置によって異なるが、2~10%となる。

4.比例動作だけでは、オフセット(残留偏差)が生じる為、積分動作を加え、
設定値との偏差をなくすような制御を行うことが一般的である。

5.オフセットとは、設定値と現在値とのズレ(偏差)が一定の値で、
永続的に続くものである。

解答

1.

解説

1.比例動作はP動作とも呼ばれる。
・・・が正解。

ON-OFF制御のような不安定な制御結果を改善する方法として、
操作量を0%と100%の2つの状態だけではなく、ある範囲内の制御量の
変化に応じて0~100%の間を連続的に変化させるように考えられたのが
比例制御である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

地熱発電

◆電力「地熱発電に関する問題」

次は地熱発電についての説明である。誤っているものを選びなさい。

1.地下に掘削した坑井から噴出する天然蒸気を用いてタービンを廻して行う
発電である。

2.エネルギー資源としては、純国産であること、地球温暖化の元凶である
炭酸ガスの排出量が少なく、地球環境に優しいことが大きな特徴である。

3.井戸の深さは100mから300mにも達する。

4.日本での地熱発電の規模は、最大の地域でも11万キロワットで、
最近建設さ れているのは2万から3万キロワット程度である。

5.本格的な商業規模の地熱発電は、1966年に岩手県松尾村の松川地熱発電所に
おいて開始された。

解答

3.

解説

3.井戸の深さは1000mから3000mにも達する。
・・・が正解

地熱エネルギーとは、地球の誕生以来、地球の内部で生成され、
蓄積されてきた熱エネルギーです。
これは、地表近くでは、例えば、火山活動や温泉などで
地下から放出されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

磁気ヒステリシス曲線

理論「磁気ヒステリシス曲線に関する問題」

次の1~5の磁気ヒステリシス曲線の量に対応する単位をA~Eの中より
選びなさい。

1.B:磁束密度
2.H:磁場
3.μ:透磁率 
4.Wh:ヒステリシス損
5.Hc:保磁力

A.J/m3
B.A/m
C.Wb:ウエーバー
D.T:テスラ
E.H/m

解答

1.-D.
2.-B.
3.-E.
4.-C.
5.-D.

解説

磁性体に外部から磁場を加えると、磁性体は磁場の強さに応じて磁化され、
やがて磁気飽和状態に達する。ここで外部磁場をゼロにしても、磁性体には
残留磁化が残って最初の状態には戻らない。また、逆向きの磁場を加えると、
逆向きの磁極で磁気飽和状態に達する。

 加える磁場の強さをX軸、磁性体に残留する磁化の強さをY軸としてグラフを
描くと、この磁性体の磁化過程は、ふくらみをもったS字型の閉曲線となる。
これが、電磁気学の教科書に必ず登場するヒステリシス(磁気履歴曲線)である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

接地工事

◆法規「接地に関する問題」

電気設備技術基準に規定されている、接地に関する記述で誤っているのはどれか。

1.A種:避雷針用の接地工事。

2.B種:高圧と低圧を変成する変圧器の低圧側の1線に施す接地工事。

3.C種:300Vを超える低圧電気機械器具の金属製外箱や金属管などに施す
接地工事。

4.D種:300V以下の低圧電気機械器具や金属製外箱および金属管などに施す
接地工事。

解答

1.

解説

A種:高圧用の電気機械器具の金属製外箱、避雷器などに施す接地工事をいう。
高圧機器などによる感電等の災害防止用の接地。

避雷針用の接地工事は建築基準法で規定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

真空遮断器

◆機械「真空遮断器に関する問題」

3.6KV~7.2KVの所内回路用に適用される遮断器は次の内どれか。

1.真空遮断器(VCB)

2.ガス遮断器(GCB)

3.磁気吹消遮断器(MBB)

4.油遮断器(OCB)

5.空気遮断器(ABB)

解答

1.

解説

真空遮断器は、受変電設備の主遮断器として、電路を開閉する目的で設置される。
電路の開閉は、停電作業時などに手動で開閉する場合や、過電流継電器(OCR
)と組み合わせて、自動的に過負荷電流や短絡電流を遮断する場合などがある。
主遮断装置として要求される機能は、負荷電流はもちろん、事故などにおける
短絡電流を遮断できることである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

復水器

◆電力「復水器に関する問題」

次は汽力発電所の復水器についての説明である。誤っているものを選びなさい。

1.汽力発電所で最も大きな損失は、復水器の冷却水に持ち去られる熱量である。

2.復水器の冷却水の温度が低くなるほど復水器の真空度は高くなる。

3.復水器は、表面復水器と直接復水器に大別されるが、汽力発電所では
表面復水器が用いられている。

4.タービンの運転中に、復水器の冷却水の停止などによって復水器内の
真空度が低下すると、タービンへの蒸気の流れを止め、タービンをトリップ
させるための真空トリップ装置が設けられている。

5.復水器は、冷却水によりタービンの排気を冷却して高い真空度を保持して
いるため、復水器内の空気を排出する装置は特に設けない。

解答

5.

解説

復水器は、タービンを回し終えた蒸気を冷却して水に戻す設備で、復水器の
中にある3万本から4万本の冷却管が蒸気を効率よく冷やす。
水は再び給水ポンプで原子炉に戻される。復水器で蒸気を冷却する冷却水は
海水を使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

誘電体と電気双極子

◆理論「誘電体と電気双極子に関する問題」

次の文中で誤っているのはどれか。

1.誘電体に電界を加えるとき、表面に表れる分極電荷は外部に取り出せない。
2.誘電体の分極は、原子や分子の双極子モーメントによって生ずる。
3.電界Eと電束密度Dの間には、D=εEの関係があり、εを誘電率という。
4.強誘電体の分極は電界に比例せず、ヒステリシス特性があるが、比誘電率と
しては、一定である。
5.水の比誘電率が大きいのは、分子が非対称で双極子モーメントを持って
いるためである。

解答

4.

解説

分極とは、誘電体中に負電荷(電子)と正電荷(原子核)の位置が微妙にずれたもの
(これを電気双極子という)が分布した状態のことをいう
誘電体に電場をかけることで、原子核と電子の位置がずれ、このような状態が
生じる。このような、電気双極子の分布によって電荷の分布が生じる。
この分極によって生じる電荷分布を分極電荷といい、分極の変化によって生じる
電流密度分布を分極電流密度という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

絶縁距離

◆法規「絶縁距離に関する問題」

裸充電部と充電部の間、または充電部と接地部の間は規定以上の距離をあける
必要があるが、300V以下のキャビネット形分電盤では沿面、空間とも何mm
以上とJISC8480に規定されているか次の中より選びなさい。

1. 5mm
2.10mm
3.15mm
4.20mm
5.30mm

解答

2.

解説

絶縁距離とは、電流が流れ得る最短距離をいう。
(絶縁物に沿った距離か空中)

低圧盤では次のような規定がある         
(MCCB、コンタクタ、端子台、制御器具などの器具を除く)
 

300V以下
沿面、空間とも 10mm :JISC8480 キャビネット形分電盤

300V超過
沿面、空間とも 20mm :JISC4620 キュービクル式高圧受電設備
 

注)ネジ2本止め又は振れ止めが無い場合は、ターミナルラグが
それぞれ30°傾いた状態でも、規定値以上であること。

但し、0.5mm厚以上の絶縁キャップなどで絶縁する場合は2mm以上とする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

変圧器の冷却方式

◆機械「変圧器の冷却方式に関する問題」

小、中容量の油入変圧器の冷却方式で最も一般的なのは次の内どれか。

1.油入自冷式(ONAN)

2.油入風冷式(ONAF)

3.送油水冷式(OFWF)

4.送油自冷式(OFAN)

5.送油風冷式(OFAF)

解答

1.

解説

小、中容量の油入変圧器の冷却方式は油入自冷式が一般的である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

受電方式

◆電力「受電方式に関する問題」

次の内、特高・高圧需要家の受電方式として適当でないのはどれか。

1.1回線受電方式

2.本予備線切換方式

3.ループ方式

4.スポットネットワーク方式

5.バンキング方式

解答

5.

解説

1. 1回線受電方式
1回線受電方式は、容量が小さく停電が生じても致命的な影響がないような
施設に適している。

2. 本予備線切換方式
2回線受電方式で、2回線のそれぞれが別々の電源から供給されるので、
配電線路の故障に際しても瞬間的に停電するだけで直ちに送電ができる。

3. ループ方式
2回線受電方式で、電力会社から送り出される配電線が、左右に分かれ、
ループ状に需要家に供給される。同一電線から送られるので、
その電源の故障により全需要家は停電するが、需要家間のケーブルなどの
1ヶ所故障にあたっては、ループ状配電なので、その区間を切り離すのみで
需要家は停電には至らない。都会地の配電に多く採用されている。

4. スポットネットワーク方式
電力会社からの配電線は、同一電源だが、最低2回線以上とし、変圧器の
二次側をネットワークプロテクタを介して並列接続とする。
大都市中心部において供給信頼度の高い特高受電方式。

5.バンキング方式
同じ高圧配電線路に接続された2台以上の柱上変圧器の二次側(低圧側)を
幹線で並列に接続して、変圧器相互の負荷の融通を図る方式。
受電方式とは異なる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

ホール効果

◆理論「ホール効果に関する問題」

次のホール効果に関する記述で正しいのはどれか。

1.2種の(半)導体の接合部の温度差による熱起電力の発生。
2.熱による自発分極の変化。
3.2種の(半)導体の接合部の電流による熱の吸収、発生。
4.(半)導体の電流と直角な磁界による両者と直角方向の起電力の発生。
5.(半)導体の電流と直角な磁界による電気抵抗の変化。

解答

4.

解説

1.ゼーベック効果
2.焦電(パイロ)効果
3.ペルチェ効果
4.ホール効果
5.磁気抵抗効果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

電気工作物

◆法規「電気工作物に関する問題」

次の電気工作物に関する記述で誤っているのはどれか。

1.電気工作物とは電気を供給するための発電所、変電所、送配電線を
はじめ工場、ビル、住宅等の受電設備、屋内配線、電気使用設備などの
総称をいう。

2.一般用電気工作物とは、主に一般住宅や小規模な店舗、事業所などの
ように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の電圧で受電している場所等の
電気工作物をいう。

3.電気事業用電気工作物とは、電気事業者の発電所、変電所、送配電線
などの電気工作物をいう。

4.自家用電気工作物とは、一般用及び電気事業用以外の電気工作物、
すなわち工場やビルなどのように電気事業者から高圧以上の電圧で受電して
いる事業場等の電気工作物をいう。

5.事業用電気工作物には、自家用電気工作物は含まれない。

解答

5.

解説

事業用電気工作物とは電気事業用及び自家用電気工作物の総称をいいます。

1電気工作物の種類
「電気工作物」
電気工作物とは電気を供給するための発電所、変電所、
送配電線をはじめ工場、ビル、住宅等の受電設備、屋内配線、
電気使用設備などの総称をいいます。

「必要な資格」
電気工作物の種類によってその電気工作物の保安の監督又は
電気工事を行う人に必要な資格が、法律(電気事業法及び電気工事士法)
で定められています。

「電気工作物の種類」
一般用電気工作物とは、主に一般住宅や小規模な店舗、
事業所などのように電気事業者から低圧(600ボルト以下)の
電圧で受電している場所等の電気工作物をいいます。
電気事業用電気工作物とは、電気事業者の発電所、変電所、
送配電線などの電気工作物をいいます。
自家用電気工作物とは、一般用及び電気事業用以外の電気工作物、
すなわち工場やビルなどのように電気事業者から高圧以上の電
圧で受電している事業場等の電気工作物をいいます。
事業用電気工作物とは電気事業用及び自家用電気工作物の総称をいいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

ルミネセンス

◆機械「ルミネセンスに関する問題」

次のルミネセンスに関する記述で誤っているのはどれか。

1.放射ルミネセンスは別名フォトルミネセンス:PLと呼ばれる。

2.電気ルミネセンス はエレクトロルミネセンス:ELと呼ばれる。

3.電界ルミネセンスはエレクトロルミネセンス:ELと呼ばれる 。

4.陰極線ルミネセンスは別名カソードルミネセンス:CLと呼ばれる。

5.電気照明ではないのだが、ホタルの光などは生体ルミネセンスと呼ばれる
  ことがある。

解答

2.

解説

電気ルミネセンス は、
放電現象によって発生する発光現象。ELとは違う。
(ex.水銀ランプ、ナトリウムランプ、ネオンランプ、メタルハライドランプ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

直流送電

◆電力「直流送電に関する問題」

次の直流送電に関する記述で、誤っているのはどれか。

1.送電線路の建設費が高い。

2.線路損失が少なく、交流線路のようにキャパシタンスによる線路電圧の
上昇(フェランチ効果)がなく対策を講じる必要がない。

3.絶縁物に対して直流のほうが交流よりも強い。

4.リアクタンスの影響がないため送受電端に安定度の問題がなく、
非同期連携が可能である。

5.潮流制御が迅速であり、また容易である。

解答

1.

解説

1.送電線路の建設費が安い。
が正解。

電源の遠隔化に伴う長距離送電,系統の拡大に伴う短絡容量の増大などの
課題に対する一つの解として,直流送電技術の導入事例が増加の傾向にある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

誘電体

◆理論「誘電体に関する問題」

次の誘電体に関する記述で誤っているのはどれか。

1.絶縁体とほぼ同義である。
2.電界を取り除いても分極が0になる常誘電体がある。
3.電界を取り除いても分極が0にならない強誘電体がある。
4.高誘電体とは、常誘電体のうち誘電率が高い、(酸化タンタル)などの材料である。
5.電場中の誘電体に対して磁場中の透磁率という概念がある。

解答

5.

解説

5.電場中の誘電体に対して磁場中の磁性体という概念がある。
が正解。

 (A) 強磁性体:磁石に強く引きつけられる。電磁石をOFFにしたあと、
   自分自身も磁石になっている。
        例:鉄
 (B) 常磁性体:弱い力で磁石に引き寄せられる。自分自身は磁石にならない。
        例:アルミニウム、液体酸素
 (C) 反磁性体:非常に弱い力で磁石から遠ざかろうとする。
   自分自身は磁石にならない。
        例:銅、水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

電気工事士法

◆法規「電気工事士法に関する問題」

電気工事士法では、第一種電気工事士又は第二種電気工事士免状の交付を
受けている者でなければ、一般用電気工作物に係る電気工事の作業
(一般用電気工作物の保安上支障がないと認められる作業であつて、
経済産業省令で定めるものを除く。)に従事してはならない。
と定められているが、
「一般用電気工作物の保安上支障がないと認められる作業」に
該当するのは次の内どれか。

1.電線相互を接続する作業

2.電線管、線樋、ダクトその他これらに類する物に電線を収める作業

3.電線管を曲げ、若しくはねじ切りし、又は電線管相互若しくは電線管と
ボックスその他の附属品とを接続する作業

4.接地線を一般用電気工作物に取り付け、接地線相互若しくは接地線と
接地極とを接続し、又は接地極を地面に埋設する作業

5.配電盤を造営材に取り付ける作業

解答

4.

解説

同じ作業でも、
「接地線を自家用電気工作物に取り付け、接地線相互若しくは接地線と接地極と
を接続し、又は接地極を地面に埋設する作業」
となると、
「一般用電気工作物の保安上支障がないと認められる作業」に
該当しない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

液晶ディスプレイ

◆機械「液晶ディスプレイに関する問題」

次の液晶ディスプレイに関する記述で誤っているのはどれか。

1.液晶とは「液体」と「結晶」の合成語である。

2.液晶にもいろいろな種類があるが、その中には「スメクティック液晶」
「ネマティック液晶」「コレステリック液晶」などがある。

3.液晶自体に、自ら光を発する力がある。

4.一般の液晶ディスプレイでは、ノーマリー・ホワイトが採用されている。

5.パソコン用ディスプレイに需要が多い。

解答

3.

解説

液晶自体には、自ら光を発する力はない。

液晶ディスプレイ(えきしょうディスプレイ、Liquid Crystal Display、略語LCD)
は液晶の素子を組み込んだ画像表示装置(コンピュータディスプレイなど)である。
単にLCDと呼ぶときは液晶ディスプレイではなく、
その部品の一つである液晶パネル(LCDパネルとも)を指すこともある。

液晶ディスプレイなど液晶を使用した表示装置のことを指して、
単に「液晶」と呼ぶこともある。

液晶テレビ、携帯電話、デジタルカメラ、パーソナルコンピュータ等の
画像表示装置として、広く用いられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

◆電力「水力発電所に関する問題」

次の水力発電所におけるペルトン水車に関する記述で、誤っているのはどれか。

1.1870年アメリカのペルトンが考案した。

2.低落差(50~100m)で落差変動の大きいダム式の発電所に
適している。

3.流量が変化しても、効率が安定しているので使いやすく、効率は
86~91%程度である。

4.ノズルは水をバケットに噴射し、バケットに機械的仕事をさせる部分で、
ノズルから噴出する水の流量はニードル弁で調節されて水車の出力が
変えられるようになっている。

5.デフレクタは負荷が急激に減少した時、ニードル弁を急に閉めると、
水圧が急上昇し危険なので、これを防ぐ為噴出水の方向を変えるものである。

解答

2.

解説

2.高落差(200~1800m)で落差変動の少ない流れ込み式の発電所に
適している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

国際単位系(SI)

◆理論「国際単位系(SI)に関する問題」

 国際単位系(SI)において、次元的に独立であると見なされる七つの量、
と基本単位との関係で誤っているのはどれか。

1.長さ       メートル  [m]
2.質量      キログラム  [kg]
3.時間          秒  [s]
4.電流       アンペア  [A]
5.熱力学温度      度C  [℃]
6.物質量        モル  [mol]
7.光度       カンデラ  [cd]

解答

5.熱力学温度    度C  [℃]

解説

5.熱力学温度    ケルビン  [K]
が正解。

いろいろな物理量の大きさを、全世界に共通な単位系で表すことは、
国際交流、学術交流、教育などの分野はもとより、
産業あるいは社会生活上大きな利便があります。
一般に単位は、数個の基本単位とそれから導き出される
組立単位に分類されますが、
基本単位は目的や利用上の便利さを考慮して選ばれています。

 国際単位系(SI)では、次元的に独立であると見なされる七つの量、
すなわち、長さ、質量、時間、電流、熱力学温度、物質量及び光度について
明確に定義した単位、
メートル[m]、キログラム[kg]、秒[s]、アンペア[A]、ケルビン[K]、
モル[mol]、及びカンデラ[cd]を基本単位として選定しました。
その他の単位(組立単位)は、七つの基本単位から数値係数を
含まない乗除算により導き出すことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

電気関係法律

◆法規「電気関係法律に関する問題」

次の電気関係の法律で名称が誤っているのはどれか。

1.電気事業法
2.電気用品取締法
3.電気用品安全法
4.電気工事士法
5.電気工事業の業務の適正化に関する法律

解答

2.

解説

平成11年8月に「電気用品取締法」(旧法)を、「電気用品安全法」と
改正する法律が公布され、平成13年4月から施行されることになった。
これにより国の事前規制が廃止されるなど、特に基準認証においては
民間機関による第三者認証制度の導入など、大幅な改正が行われている。

電気用品の製造、販売等を規制するとともに、電気用品の安全性の確保に
つき民間事業者の自主的な活動を促進することにより、電気用品による
危険及び障害の発生を防止することを目的としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »