« 同期機 | トップページ | 絶縁材料 »

2008年12月25日 (木)

電気力線

◆理論「電気力線に関する問題」

下記の電気力線に関する記述で誤っているのはどれか。

1.電気力線は正電荷から出て負電荷に入る。
2.電気力線の接線方向はその点の電界の方向を示す。
3.電気力線は引っ張られたゴムのように縮まろうとする。しかし互いに
反発しあって交わることはない。
4.電気力線は導体の表面から直角に出入りする。
5.真空中の1cの正電荷から、電気力線はε0(真空中の誘電率)本発生する。

解答

5.

解説

電気力線(Line of Force)

性質

1. 電気力線は正電荷から始まり、負電荷に終わる。電荷の存在しないところで
電気力線が発生したり、消滅することはない。
2. 電気力線上の点における接線の方向が電場である。
3.電気力線は交わらない。
4.電気力線は導体の表面から直角に出入りする。
  電気力線の密度(電気力線と垂直な面における、1m2あたりの電気力線の本数)
は、電場の大きさを表す。
5. 真空中の1cの正電荷から、電気力線は1/ε0本発生する。

|

« 同期機 | トップページ | 絶縁材料 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26487425

この記事へのトラックバック一覧です: 電気力線:

« 同期機 | トップページ | 絶縁材料 »