« 水力発電所 | トップページ | 電気関係法律 »

2008年12月31日 (水)

プラズマディスプレイ

◆機械「プラズマディスプレイに関する問題」

次のプラズマディスプレイに関する記述で誤っているのはどれか。

1.視野角が広い。
2.コントラストが高い。
3.大形化が容易だが、小型化が難しい。
4.液晶ディスプレイと比較して消費電力が大きい。
5.パソコン用ディスプレイに需要が期待される。

解答

5.

解説

1.プラスの粒子(この場合は原子核)とマイナスの粒子(電子)が
ほぼ同等の数だけ自由に入り乱れて振舞っている状態を
「プラズマ(plasma)」と呼んでいる。

2.雷を挙げることができる。これは空気との摩擦によって帯電し、
高電圧の状態になった雷雲どうしの放電によって生じる高濃度のプラズマ
である。

3.低温低圧のプラズマ放電を「グロー放電」といい、
高温では「アーク放電」という。

4.低温)プラズマでは、多くの分子は基底状態にあるが、
電離した高エネルギーの電子がいくつか存在している。
この高速電子が中性の原子や分子に衝突してその粒子を励起する。
これらの粒子が励起状態から基底状態に戻るときに発光する。
これによってプラズマの存在を知ることができる。

5.プラズマディスプレイはこの原理を利用して、小さなプラズマ発光装置を
たくさんつくり、それをつなげて情報信号で制御することでディスプレイに
したものである。

プラス面
 ・大画面
  32型~60型超
 ・薄型・軽量
  一般的にいってCRTの10分の1の厚さ、6分の1の重量
 ・視野角
  160°以上でブラウン管並の広視野角
 ・画質
  歪みのない鮮明表示・自発光による高画質
 ・磁気の影響を受けにくい

マイナス面
 ・価格の問題
  CRTと同等になることは考えにくいが、業界では1インチ一万円以下に
  なると普及するとされている
 ・消費電力
  LCDが標準150Wに対し、プラズマは250W
 ・小型化
  最近では32型が可能になったが、基本的に小型化は難しい。
  消費電力などの点も含めて、用途に応じて液晶とのすみわけが
  進むと思われる。

|

« 水力発電所 | トップページ | 電気関係法律 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26668499

この記事へのトラックバック一覧です: プラズマディスプレイ:

« 水力発電所 | トップページ | 電気関係法律 »