« 絶縁耐力試験 | トップページ | 原子力発電所 »

2008年12月17日 (水)

レンツの法則

◆理論「レンツの法則に関する問題」

下記の(A)、(B)の内レンツの法則を表しているのはどちらか。

(A)ある回路に電磁誘導によって誘起される起電力eは、
その回路と鎖交する磁束数Φが時間的に変化する割合dΦ/dtに等しい

(B)磁束Φが変化する場合には、その変化を妨げる方向に電流を
流そうとする起電力が誘起される

解答

(B)

解説

レンツの法則
「電磁誘導によってコイルに誘導される起電力は、その起電力によって
流れる電流がコイル内の磁束の変化を妨げるような方向に生ずる」
 電磁誘導に関する発見は19世紀に何人かの科学者によってなされた。
ドイツの物理学者レンツ(Heinrich Friedrich Emil Lenz 1804~1865)は
上記の現象を1834年に発表している。

|

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 原子力発電所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26264520

この記事へのトラックバック一覧です: レンツの法則:

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 原子力発電所 »