« 変圧器の過負荷運転 | トップページ | ゼーベック効果 »

2008年12月 7日 (日)

高圧ケーブルの耐圧試験

◆法規「高圧ケーブルの耐圧試験に関する問題」

6600Vの高圧ケーブルを耐圧試験する場合、
交流と直流の試験電圧はそれぞれいくらか。

解答

交流:10500(V)
直流:20700(V)

解説

高圧ケーブルを交換したり、新設した場合には耐圧試験を行う。
交流では、公称電圧を1.1で割って、1.15倍して、1.5倍した電圧、
(6600/1.1)×1.15×1.5=10350V
を10分間印加する。

直流の場合は、その2倍でなので、20700Vである。

|

« 変圧器の過負荷運転 | トップページ | ゼーベック効果 »

コメント

交流試験電圧は、誤記ですね。

  10500V じゃなくて

   10350Vですね。。

投稿: H.I | 2013年10月17日 (木) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25998688

この記事へのトラックバック一覧です: 高圧ケーブルの耐圧試験:

« 変圧器の過負荷運転 | トップページ | ゼーベック効果 »