« UPS | トップページ | レンツの法則 »

2008年12月16日 (火)

絶縁耐力試験

◆法規「絶縁耐力試験に関する問題」

最大使用電圧が400(V)の交流発電機を直流電圧で絶縁耐力試験を
行う場合、その試験電圧として適切な値を求めよ。
ただし、試験電圧は巻線と大地との間に連続して10分間加えるものとする。

解答

960(V)

解説

最大使用電圧が7000(V)以下の400(V)であるので、
交流電圧で絶縁耐力試験を行うのであれば、その1.5倍でいいが、
直流電圧で行うとあるので、さらに1.6倍する。
したがって、求める電圧Vtは、

Vt=400×1.5×1.6=960(V)

|

« UPS | トップページ | レンツの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/26230414

この記事へのトラックバック一覧です: 絶縁耐力試験:

« UPS | トップページ | レンツの法則 »