« 低圧屋内配線工事 | トップページ | 原子力発電所 »

2008年12月 1日 (月)

等価抵抗、等価リアクタンス

◆理論「等価抵抗、等価リアクタンスに関する問題」

ある負荷に電圧計、電流計、電力計を接続した。
それぞれ200V、10A、1時間で1600Whを示した。
並列接続の等価R、Xを求めよ。

解答

等価抵抗R:25(Ω)
等価リアクタンスX:33.3(Ω)

解説

非常に複雑な回路でも、実際の効果の上からは、たった1本の抵抗、1個の
CやL、それらの直並列接続などで置き換えることができる場合がある。
中味がどんなに複雑でも、「全く同じ電圧-電流特性をもつ別の回路」が
あるならば、それが等価回路である。

この負荷は、1.6(KW)を消費する。R,Xの並列では、
P=VI=V・(V/R)=V^2/R

∴R=(200)^2/1600=25(Ω)
I1=200/25=8(A)

Xの電流I2=√(10^2-8^2)=6(A)

よって、X=200/6=33.3(Ω)

|

« 低圧屋内配線工事 | トップページ | 原子力発電所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25808698

この記事へのトラックバック一覧です: 等価抵抗、等価リアクタンス:

« 低圧屋内配線工事 | トップページ | 原子力発電所 »