« 原子力発電所 | トップページ | 高圧ケーブルの耐圧試験 »

2008年12月 5日 (金)

変圧器の過負荷運転

◆機械「変圧器の過負荷運転に関する問題」

次の変圧器の過負荷運転が可能な条件について間違っているのはどれか。

1.周囲温度低下による場合
2.温度上昇試験記録が規定温度上昇値に達しない場合
3.短時間過負荷の場合
4.負荷率が上昇した場合
5.冷却方式を改善した場合(ファン取付け等の場合)

解答

4.負荷率が上昇した場合

解説

油入変圧器運転指針
油入変圧器の過負荷運転については、油入変圧器運転指針(電気学会技術
報告1部第143号昭和61年)によって運用されており、
次のような過負荷運転ができる。

1.周囲温度低下による場合
2.温度上昇試験記録が規定温度上昇値に達しない場合
3.短時間過負荷の場合
4.負荷率が低下した場合
5.冷却方式を改善した場合(ファン取付け等の場合)
6.種々の条件が重なった場合

|

« 原子力発電所 | トップページ | 高圧ケーブルの耐圧試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25927567

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器の過負荷運転:

« 原子力発電所 | トップページ | 高圧ケーブルの耐圧試験 »