« 三相誘導電動機 | トップページ | 誘導起電力 »

2008年11月11日 (火)

低圧屋内幹線

◆法規「低圧屋内幹線に関する問題」

電動機及び照明器具に電気を供給する低圧屋内幹線であって、
電動機の定格電流の合計が40(A)、照明器具の定格電流の合計が30(A)
である場合に、この低圧屋内幹線には、何アンペア以上の許容電流のある電線を
使用しなければならないか。

解答

80(A)

解説

電線には電気使用機械器具の定格電流の合計以上の許容電流のあるもの
を使用する。
ただし、電動機等の定格電流の合計が他の電気使用機械器具の合計より
大きい場合では、他の電気使用機械器具の定格電流の合計に電動機等の
定格電流の合計が50A以下のときは、その定格電流の合計の1.25倍
(50Aを超えるときは1.1倍)した値を加える。
したがって、
30+40×1.25=80(A)
ゆえに、80(A)以上の許容電流のある電線を使用しなければならない。

|

« 三相誘導電動機 | トップページ | 誘導起電力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25239325

この記事へのトラックバック一覧です: 低圧屋内幹線:

« 三相誘導電動機 | トップページ | 誘導起電力 »