« 誘導起電力 | トップページ | 熱流 »

2008年11月13日 (木)

原子力発電

◆問題2.電力「原子力発電に関する問題」

原子力発電に関する記述として、誤っているのは次の内どれか。

1.原子炉に1度燃料を装荷すれば、1年以上取り替えずに運転でき、
燃料の備蓄効果がある。
2.発電用軽水炉の燃料には、低濃縮ウラン(濃縮度2~4%)が使われる。
3.沸騰水形原子炉では、原子炉で発生した蒸気をタービンに送るので
蒸気発生器は必要ない。
4.加圧水形原子炉と沸騰水形原子炉では、減速材、冷却材とも軽水が
使用されている。
5.原子力発電用のタービンは、一般に汽力発電のものに比べて小型に
設計できるので、単位出力当たりの設備費が安くできる。

解答

5.

解説

同じ出力のもとでの発電所の蒸気条件(圧力・温度など)は、原子力発電用
タービンでは、汽力発電のものに比べ1.6~1.8倍の蒸気流量が必要で
ある。
そのため、機械は大型化し、単位出力当たりの設備費は著しく高くなる。

|

« 誘導起電力 | トップページ | 熱流 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25292756

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電:

« 誘導起電力 | トップページ | 熱流 »