« 低圧屋内幹線 | トップページ | 原子力発電 »

2008年11月12日 (水)

誘導起電力

◆理論「誘導起電力に関する問題」

巻数30のコイルを貫通している磁束が0.1秒間に1(Wb)の割合で変化
するとき、コイルに発生する起電力(V)の大きさを求めよ。

解答

300(V)

解説

時間Δt(s)間に磁束がΔΦ(Wb)変化する巻数Nのコイルに発生する
起電力の大きさは、ファラデーの法則により、

N(ΔΦ/Δt)=30×(1/0.1)=300(V)

|

« 低圧屋内幹線 | トップページ | 原子力発電 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/25263696

この記事へのトラックバック一覧です: 誘導起電力:

« 低圧屋内幹線 | トップページ | 原子力発電 »