« 無効電力 | トップページ | 直流分巻電動機 »

2008年10月17日 (金)

変圧器

◆電力「変圧器の損失に関する問題」

変圧比6.6(kv)/200(v)で定格容量50(kva)の単相変圧器
3台をデルタ結線にして、100(kva)の三相平衡負荷に電力を
供給している。
ただし、変圧器1台あたりの定格負荷時の銅損を500(w)、
鉄損を150(w)とし、各変圧器は120(%)まで過負荷運転が
可能であるものとする。
全変圧器の銅損、鉄損及び総損失電力はそれぞれ何(w)になるか。

解答

全変圧器の銅損:667(w)
全変圧器の鉄損:450(w)
総損失電力  :1117(w)

解説

デルタ結線の場合、1台あたりの変圧器の分担負荷PΔは、
PΔ=100/3(kva)

となる。
よって変圧器1台の定格容量Pn=50(kva)、

定格負荷時の銅損 Pcn=500(w)

であるから、全変圧器の銅損PcΔは、
PcΔ=3Pcn(PΔ/Pn)^2=3×500×{(100/3)/50}^2
=667(w)

また、全変圧器の鉄損PiΔは、
PiΔ=3×150=450(w)

したがって、全変圧器の総損失電力PlΔは、
PlΔ=PcΔ+PiΔ=667+450=1117(w)

|

« 無効電力 | トップページ | 直流分巻電動機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/24566904

この記事へのトラックバック一覧です: 変圧器:

« 無効電力 | トップページ | 直流分巻電動機 »