« 直流分巻電動機 | トップページ | 自己インダクタンス »

2008年10月11日 (土)

雷害防止

◆法規「雷害防止に関する問題」

つぎにあげる雷害防止に関する記述で誤っているのはどれか。

1.避雷器を設置する。
2.構内高圧架空線には、グランドワイヤを設ける。
3.高い樹木付近には、電気設備を設けない。
4.避雷器の接地極・接地導線は、他の接地極・接地導線より極力、
離隔距離をとる。
5.鉄骨建物の接地抵抗が5Ω以下の場合は連接すると良い。

解答

5.

解説

5.鉄骨建物の接地抵抗が2Ω以下の場合は連接すると良い。

雷は大気中に発生する現象としては必ずしも大きな大気の撹乱を
伴わないため、詳細な予報は困難であり天気予報などにおいても
予測の範囲内で注意を呼びかける(雷注意報)などにとどまっている。
電力会社各社は、独自に雷雲や落雷の観測システムを持っている。

避雷針
雷サージ対策
雷ストリーマによる誘雷
レーザー誘雷
ロケットによる誘雷、消雷

|

« 直流分巻電動機 | トップページ | 自己インダクタンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/24434440

この記事へのトラックバック一覧です: 雷害防止:

« 直流分巻電動機 | トップページ | 自己インダクタンス »