« 共振 | トップページ | 変圧器 »

2008年9月15日 (月)

地絡電流

◆電力「地絡電流に関する問題」

中性点非接地式の三相3線式高圧配電線路で地絡事故を生じた。
地絡電流の大きさに大きく関係するものは線路の対地電圧の他、次のどれか。

1.電線の抵抗
2.対地静電容量
3.対地リアクタンス
4.負荷電流
5.線路の漏れ電流

解答

2.

解説

問題の条件で1線地絡事故が発生すると、対地静電容量によって
地絡電流Iが流れている。
1線当たりの対地静電容量をC(F)、角周波数をω(rad/s)
対地電圧をE/√3(V)、線間電圧をE(V)とすると、

I=3ωC・(E/√3)=√3ωCE

|

« 共振 | トップページ | 変圧器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/23766096

この記事へのトラックバック一覧です: 地絡電流:

« 共振 | トップページ | 変圧器 »