« 短絡比 | トップページ | クーロンの法則 »

2008年9月27日 (土)

爆発する危険のある場所

◆法規「爆発する危険のある場所に関する問題」

「電気設備技術基準」による、可燃性ガス等により爆発する危険のある場所に
おける施設についてに記述で誤っているのはどれか。

1.次に掲げる場所に施設する電気設備は通常の使用状態において、
当該電気設備が点火源となる爆発又は火災のおそれのないように
施設しなければならない。

2.可燃性のガス又は引火性物質の蒸気が存在し、点火源の存在に
より爆発するおそれのある場所。

3.粉塵が存在し、点火源の存在により爆発するおそれのある場所。

4.火薬類の存在する場所。

5.セルロイド、マッチ、石油類その他の燃えやすい危険な物質を
製造し、又は貯蔵する場所

解答

4.

解説

4.火薬類の存在する場所。

可燃性のガス等により爆発する危険のある場所における施設の禁止
第69条  次の各号に掲げる場所に施設する電気設備は,
通常の使用状態において,当該電気設備が点火源となる爆発又は
火災のおそれがないように施設しなければならない.
一可燃性のガス又は引火性物質の蒸気が存在し,
点火源の存在により爆発するおそれがある場所
二粉じんが存在し,点火源の存在により爆発するおそれがある場所
三火薬類が存在する場所
四セルロイド,マッチ,石油類その他の燃えやすい危険な物質を製造し,
又は貯蔵する場所

|

« 短絡比 | トップページ | クーロンの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/24070513

この記事へのトラックバック一覧です: 爆発する危険のある場所:

« 短絡比 | トップページ | クーロンの法則 »