« 爆発する危険のある場所 | トップページ | オープンサイクルガスタービン »

2008年9月28日 (日)

クーロンの法則

◆理論「クーロンの法則に関する問題」

水溶液中にNa+とCl-のイオンが1.0(cm)離れて存在するとき、
両イオンの間に作用する電気力を求めよ。
ただし、水の比誘電率を80とする。

解答

2.88×10^-28(N)

解説

F=k{(Q1・Q2)/r^2)}

k=k0/k1
k0(真空中の誘電率):9.0×10^9(Nm^2/C^2)
k1(比誘電率):80

Q1、Q2(電気素量):1.6×10^-19(C)

F=(9.0×10^9/80)×(1.6×10^-19)^2/0.01
=2.88×10^-28(N)

|

« 爆発する危険のある場所 | トップページ | オープンサイクルガスタービン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/24099122

この記事へのトラックバック一覧です: クーロンの法則:

« 爆発する危険のある場所 | トップページ | オープンサイクルガスタービン »