« リアクトル | トップページ | 爆発する危険のある場所 »

2008年9月26日 (金)

短絡比

◆機械「短絡比に関する問題」

短絡比の小さい同期発電機を短絡比の大きい同期発電機と比較した場合の
記述として誤っているのはどれか。

1.固定子、回転子間のギャップが小さい
2.電圧変動率が小さい
3.同期インピーダンスが小さい
4.重量が軽い
5.効率が高い

解答

3.

解説

短絡比は同期機の体格を表す目安になる。
短絡比の大きいものは、
同期インピーダンスを小さくするため、ギャップを大きく、
電機子巻数を少なく設計する。
このため、界磁アンペア回数が大きくなり、
界磁や電機子の寸法及び重量が大きくて、
銅に比べて鉄の使用量の多い鉄機械となる。
短絡比の小さい機械は、鉄よりも銅を多く使うので、
小型で軽量の銅機械となる。

|

« リアクトル | トップページ | 爆発する危険のある場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/24048681

この記事へのトラックバック一覧です: 短絡比:

« リアクトル | トップページ | 爆発する危険のある場所 »