« 星形結線 | トップページ | 同期発電機 »

2008年8月27日 (水)

同期調相機

電力「同期調相機に関する問題」

次の変電所で電圧調整のために用いられる同期調相機に関する記述の中で
誤っているのはどれか。

1.電力系統が重負荷のときは、同期調相機の磁界を強める。

2.電力系統が重負荷のときは、同期調相機を容量性負荷として働かせ
電圧降下を抑制する。

3.電力系統が軽負荷のときは、同期調相機の磁界を強める。

4.電力系統が軽負荷のときは、同期調相機を誘導性負荷として働かせ
電圧上昇を抑制する。

5.同期調相機は進相用コンデンサと分路リアクトルの両方を兼ねた
機能をもっている。

解答

3.

解説

同期調相機とは、無負荷運転する同期電動機である。
であるから、位相特性曲線(V曲線)からわかるように重負荷時には、
磁界を強めて電源から進み電流をとって、コンデンサと同じ容量性負荷として
働き電圧降下を抑制する。

逆に、軽負荷時には界磁を弱めて電源から遅れ電流をとって、分路リアクトルと
同じ誘導性負荷となって電圧上昇を抑制する。

|

« 星形結線 | トップページ | 同期発電機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/23284520

この記事へのトラックバック一覧です: 同期調相機:

« 星形結線 | トップページ | 同期発電機 »