« 交流回路 | トップページ | ポンプ »

2008年8月22日 (金)

水の加熱

◆電力「水の加熱に関する問題」

次は水を加熱したときの現象について述べた文である。
文中の空白に適合する用語を解答群の中から選びなさい。

1気圧において1kgの水を加熱し、しだいに温度を上昇させると、
100℃に達するまでは、温度上昇1℃について約(1)[   ]kcalの
熱量を必要とするが、温度100℃において(2)[   ]蒸気となり、
その蒸発熱は約(3)[   ]kcalである。
さらに温度を上げると、温度1℃について約0.467kcalの熱量をもつ
(4)[   ]となる。

解答群

(イ)1 (ロ)10 (ハ)540 (二)860
(ホ)乾き (ヘ)湿り (ト)過熱 (チ)飽和

解答

(1)-イ
(2)-チ
(3)-ハ
(4)-ト

解説

1(kcal)=4186(J)

540(kcal)=2260(kJ)

乾き蒸気をさらに加熱すると、飽和温度を超えて温度が上昇する。
このような飽和温度以上に加熱された蒸気を過熱蒸気をいい、
飽和温度を過熱蒸気温度との差を過熱度という。

|

« 交流回路 | トップページ | ポンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/23158947

この記事へのトラックバック一覧です: 水の加熱:

« 交流回路 | トップページ | ポンプ »