« 電気事故 | トップページ | 変圧器 »

2008年8月16日 (土)

直列共振

◆理論「直列共振に関する問題」

下図の回路が直列共振状態にあるとき、電流IとコイルLにかかる電圧VLを
求めなさい。

         XL=10〔Ω〕
    ┌─────☆☆────┐
  I↑│                      │
    │                      │
    │                      │
     = Xc=                  □R=
     │10〔Ω〕                 □2〔Ω〕
     │                      │
    │                      │
    │                      │
    └───― 【~】  ―───┘
         100
         〔V〕

解答

I=50(A)
VL=500(V)

解説

図の回路が直列共振状態にあるとき、XLとXcは大きさが等しく、符号が反対
となるので、回路のインピーダンスは抵抗分のみとなる。
したがって、
I=E/R=100/2=50(A)

XLの電圧降下VLは
VL=10×50=500(V)

|

« 電気事故 | トップページ | 変圧器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/23025444

この記事へのトラックバック一覧です: 直列共振:

« 電気事故 | トップページ | 変圧器 »