« 直流電動機 | トップページ | 交流回路 »

2008年7月19日 (土)

配線工事

◆法規「ショーウインドウ内の配線工事に関する問題」

ショーウインドウ又はショーケース内の配線工事に関する規制事項として
誤っているのは次のうちどれか。

1.電線は断面積0.75(mm^2)以上のコード又はキャプタイヤケーブル
であること。

2.電線は、乾燥した木材、コンクリート、石材等の造営材にその被覆を
損傷しないように、適当な留め具で取り付けること。

3.電線の取り付け点間の距離は1m以下とすること。

4.配線に支持させる電球又は器具の重量は0.3(Kg)以下であること。

5.ショーウインドウ又はショーケース内の低圧配線と他の使用電圧が
300(V)以下の低圧屋内配線との接続は、差込接続器その他これに
類する器具で行うこと。

解答

4.

解説

乾燥した場所に施設し、かつ、内部を乾燥した状態で使用する
ショウウインドウ又はショウケース内の使用電圧が300V以下の
低圧屋内配線は、外部から見えやすい箇所に限り、コード又は
キャプタイヤケーブルを造営材に接触して施設することができる。

「配線には電球又は器具の重量を支持させないこと」との規定がある。

|

« 直流電動機 | トップページ | 交流回路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/22404591

この記事へのトラックバック一覧です: 配線工事:

« 直流電動機 | トップページ | 交流回路 »