« 乾式変圧器 | トップページ | 送電線のたるみ計算 »

2008年6月13日 (金)

コンピュータ

◆理論「コンピュータに関する問題」

次のパーソナルコンピュータに関する用語に対応する記述を解答群より
選びなさい。

(1)CPU
(2)DRAM
(3)ROM
(4)USB
(5)SRAM

解答群

(イ)ホットプラグ可能
(ロ)フィリップフロップ回路
(ハ)Pentium4
(ニ)リフレッシュ動作
(ホ)書き換え不可

解答

(1)-(ハ)
(2)-(ニ)
(3)-(ホ)
(4)-(イ)
(5)-(ロ)

解説

(1)CPU(central processing unit)
コンピュータの中核となる装置で、実際に計算などの処理を行う。
パソコンの場合一つの部品となっているのでMPUともいう。

(2)DRAM(dynamic random access memory)
半導体チップ内のコンデンサに電荷を蓄えて記憶する半導体メモリ。
電源を切ればデータは消失する。
このメモリは、データを失わないために、ある定められたタイミングで
(例えば数、マイクロ秒に一回)読み出し、再書き込みをする動作
(リフレッシュ)が必要である。

(3)ROM(read only memory)
LSIを製造する過程で、LSIの配線マスクでメモリの内容を書き込む。
内容の変更は不可。

(4)USB(unibersal sirial bus)
コンピュータのキーボードやマウス、プリンタ、記憶装置などをコンピュータ
本体に接続する規格。コンピュータを動作させててのプラグの抜き差し
(ホットプラグ)が可能。

(5)SRAM(static random access memory)
半導体メモリのチップ内に、電子回路により構成されたフリップフロップ
とよばれる回路を記憶に用いるもの。電源を切れば消えてしまうが、
DRAMと異なり、リフレッシュのような動作は必要ない。

|

« 乾式変圧器 | トップページ | 送電線のたるみ計算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21601698

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ:

« 乾式変圧器 | トップページ | 送電線のたるみ計算 »