« 直流発電機 | トップページ | 磁気回路 »

2008年6月21日 (土)

接地工事

◆法規「接地工事に関する問題」

次の接地工事に関する問題の空白に適合する答えを解答群の中より
選びなさい。

A種接地工事又はB種接地工事に使用する接地線を人が触れるおそれがある
場所に施設する場合において、
接地極は(1)「   」cm以上の深さに埋設すること。
接地線には絶縁電線(屋外用ビニル絶縁電線を除く)、キャプタイヤケーブル
又は通信用ケーブル以外の(2)「   」を使用すること。
ただし、接地線を鉄柱その他の金属体に沿って施設する場合以外の場合には、
接地線の地表上(3)「   」cmを超える部分についてはこの限りでない。
接地線の地下(4)「   」cmから地表上(5)「   」mまでの
部分は、電気用品取締法の適用を受ける合成樹脂管又はこれと同等以上の
絶縁効力及び強さのあるもので覆うこと。

解答群
(イ)50 (ロ)60 (ハ)ケーブル (ニ)電線 (ヘ)GV
(ト)75 (チ)80 (リ)1   (ヌ)1.5 (ヲ)2
(ワ)2.5 (カ)3

解答
(1)-(ト)
(2)-(ハ)
(3)-(ロ)
(4)-(ト)
(5)-(ヲ)

解説

その他の規定
接地線を鉄柱その他の金属体に沿って施設する場合は、
接地極を鉄柱の底面から30cm以上の深さに埋設場合を除き,
原則として,接地極を地中でその金属体から1m以上離して施設すること.

A種接地工事又はB種接地工事に使用する接地線を施設してある支持物には、
避雷針用地線を施設しないこと。

|

« 直流発電機 | トップページ | 磁気回路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21792998

この記事へのトラックバック一覧です: 接地工事:

« 直流発電機 | トップページ | 磁気回路 »