« 三相誘導電動機 | トップページ | コイルの磁界 »

2008年6月 7日 (土)

電圧降下

◆法規「電圧降下に関する問題」

2.0mm×2cのVVFケーブルを100m延線し、
電源端に105(V)の電圧を加えた。
負荷端に純抵抗負荷を接続して、20(A)の電流を流したとき。
負荷端における電圧降下は、およそ何Vになるか。
次の中から選びなさい。

(1)2.7 (2)7 (3)12.7 (4)22.7 (5)37

解答

(4)22.7

解説

単相2線式の電圧降下の計算式

e=(35.6×L×I)/(1000×A)
=(35.6×100×20)/(1000×1^2×π)
=22.7(V)

e:各線間の電圧降下(V)
A:電線の断面積(mm^2)
L:電線1本の長さ(m)・・・恒長
I:電流(A)

よって、この問題の場合に電圧降下が大きすぎて実用にならない。

|

« 三相誘導電動機 | トップページ | コイルの磁界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21479760

この記事へのトラックバック一覧です: 電圧降下:

« 三相誘導電動機 | トップページ | コイルの磁界 »