« アンペアの周回積分 | トップページ | 電子・通信 »

2008年6月28日 (土)

汽力発電所

◆電力「汽力発電所に関する問題」

復水器の冷却に海水を使用する最大出力800000[kW]の汽力発電所があり、
最大出力において復水器冷却水量が37[m^3/s]である。
タービン効率43[%]のとき、海水の比重を1.02[g/cm^3],
比熱を0.96[kcal/(kg・℃)]とし,
復水器以外での熱損失は無視するものとすば、冷却水の温度上昇は何度[℃]になるか。

解答

7[℃]

解説

タービン効率:η
発電所の1時間当たりの発生エネルギーを熱量換算:Qe[kcal/h]
復水器が1時間当たり持ち去る熱量:QL[kcal/h]

Qe=800000[kW]×860[kcal/kWh]
=6.88×10^8[kcal/h]

QL=(Qe/η)-Qe=(6.88×10^8/0.43)-6.88×10^8
=9.12×10^8[kcal/h]

温度上昇:T[℃]

T=(9.12×10^8)/(37×60×60×1.02×10^3×0.96)
≒7[℃]

|

« アンペアの周回積分 | トップページ | 電子・通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21943535

この記事へのトラックバック一覧です: 汽力発電所:

« アンペアの周回積分 | トップページ | 電子・通信 »