« スター・デルタ始動法 | トップページ | 相互インダクタンス »

2008年5月 6日 (火)

キュービクル式高圧受電設備

◆法規「キュービクル式高圧受電設備に関する問題」

下記の記述中の空白箇所に記入する字句として適当なものを
解答群の中より選びなさい。

キュービクル式高圧受電設備にはCB形とPF・S形があり、
CB形は主遮断装置として、(1)[   ]が使用されているが、
PF・S形は変圧器設備容量の小さなキュービクルの
設備簡素化の目的から、主遮断装置は(2)[   ]と(3)[   ]
の組み合わせによっている。
高圧母線等の高圧側の短絡事故に対する保護は、CB形では(4)[   ]
と(1)[   ]で行うのに対し、(2)[   ]で行う仕組み
となっている。

解答群
(イ)負荷開閉器 (ロ)過電流継電器 (ニ)遮断器
(ホ)限流ヒューズ (ヘ)負荷開閉器 (ト)過電圧継電器

解答

1-ニ
2-ホ
3-ヘ
4-ロ

解説

受電設備容量(変圧器合計容量)が300KVA未満の場合は、
PF・S形を適用できるが、それ以上の場合はCB形としなけば
ならない。
CB形とすると、キュービクルの価格が急に高くなるので、
受電設備容量の決定に際しては、細心の注意が必要である。

|

« スター・デルタ始動法 | トップページ | 相互インダクタンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/20805470

この記事へのトラックバック一覧です: キュービクル式高圧受電設備:

« スター・デルタ始動法 | トップページ | 相互インダクタンス »