« 進相コンデンサ | トップページ | 変圧器の電圧変動率 »

2008年5月18日 (日)

単相3線式

◆電力「単相3線式に関する問題」

単相3線式低圧幹線がある。
電圧線を1と2、中性線をoとすると、
1-2間は200v、1-o及び2-o間は100vである。
今、ライン1に10A、力率100%、
ライン2に10A力率50%の電流が流れているとき、
中性線oに流れる電流を求めよ。

解答

10A

解説

力率がぞれぞれ100%であれば、中性線に流れる電流は、
10A+(-10A)=0Aとなる、
しかしこの場合は、ライン2に流れる電流の力率が50%で
ACS0.5=60degの位相差がある。
この関係をベクトル図にかくと、正三角形となり中性線に
流れる電流はライン電流と同じ10Aである。

|

« 進相コンデンサ | トップページ | 変圧器の電圧変動率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21021104

この記事へのトラックバック一覧です: 単相3線式:

« 進相コンデンサ | トップページ | 変圧器の電圧変動率 »