« 絶縁耐力試験 | トップページ | 同期発電機 »

2008年5月26日 (月)

照明計算

◆理論「照明計算に関する問題」

次の照明計算に使用する各量を求める式を解答群の中より選びなさい。
(1)光束発散度
(2)照度
(3)輝度
(4)光度
(5)光量

解答群
(イ)I=F/ω(cd)
(ロ)Q=F・t(lm・s)
(ハ)R=F/S(lm/m^2)
(ニ)L=I/S’=I/(π・r^2)
(ホ)E=F/S(lx)

解答
(1)-(ハ)
(2)-(ホ)
(3)-(ニ)
(4)-(イ)
(5)-(ロ)

解説

(1)光束発散度
     ある面の単位面積から発散する光束
(2)照度
     1平方m当りの入射光束
(3)輝度
     発光面(光の反射面でも良い)のその方向の輝度とは、その方向の
     光度をその方向の見掛けの面積で割った値をいう。
(4)光度
     その方向の立体角ω(1sr)当りの光束
(5)光量
     光源や照明設備の経済比較を行う場合などに用いられる。

|

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 同期発電機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/21194445

この記事へのトラックバック一覧です: 照明計算:

« 絶縁耐力試験 | トップページ | 同期発電機 »