« 半導体 | トップページ | 誘導電動機の負荷時間率 »

2008年4月 7日 (月)

送電線の塩害対策

◆電力「送電線の塩害対策に関する問題」

次の文章は送電線路の塩害対策について述べたものである。
誤っているものを選びなさい。

1.碍子の連結数を多くするなどの過絶縁を行う
2.碍子に鉱物油などの発水物質を塗布する
3.水を噴射して塩分を洗浄する
4.送電ルートを塩害の少ない地域を通るように変更する
5.長幹碍子などの特殊碍子を使用する

解答

2.碍子に鉱物油などの発水物質を塗布する

解説

塩分などが付着しても、発水性があればフラッシュオーバを起すことは
ない。このため、グリース状のシリコーンコンパウンドなどを
碍子の表面に塗布する。
送電線路ではあまり行われない。

|

« 半導体 | トップページ | 誘導電動機の負荷時間率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/12393805

この記事へのトラックバック一覧です: 送電線の塩害対策:

« 半導体 | トップページ | 誘導電動機の負荷時間率 »