« メカトロニクス | トップページ | 半導体 »

2008年4月 4日 (金)

施設場所と配線方法

◆法規「施設場所と配線方法に関する問題」

つぎの各施設場所で行った、配線方法で誤っているのはどれか。

1.展開した水気のある露出場所にがいし引き配線を行った。
2.湿気のある点検できない隠蔽場所に金属管配線を行った。
3.乾燥した露出場所にCD管配線を行った。
4.点検できる隠蔽場所に金属ダクト配線を行った。
5.屋外屋側の雨線外にケーブル配線を行った。

解答

配線方法で誤っているのは、
3.乾燥した露出場所にCD管配線を行った。

解説

CD管は、直接コンクリートに埋め込んで施設する場合を除き、
専用の不燃性又は自消性のある難燃性の管、またはダクトに
収めた場合に限り、施設できる。
CD管がコンクリート埋め込み専用なのは、防火上の理由に
よるものである。
合成樹脂可とう電線管でも、PF管は難燃性であり露出、隠蔽配線工事に
使用できる。

|

« メカトロニクス | トップページ | 半導体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/12259146

この記事へのトラックバック一覧です: 施設場所と配線方法:

« メカトロニクス | トップページ | 半導体 »