« ベクトル軌跡 | トップページ | 変圧器 »

2008年4月12日 (土)

ギャロピング

◆電力「ギャロピングに関する問題」

ギャロッピングによって送電線が振動する要因で誤っているのはどれか。

1.送電線に対する強い横風
2.地震
3.送電線に対する着氷
4.送電線の固有振動数との同調
5.電線の太さや形状

解答

2.地震

解説

送電線でのギャロッピング
送電線のギャロッピング現象は、日本国内では北海道や東北、北陸や
関東の一部など、冬期間に降雪がある地域で報告例があり、海外では
カナダ、アメリカなどで観測されている現象である。
特に最近送電線が大型化し鉄塔高が高くなってきていることにより、
国内でも発生が見られるようになってきた。
送電線のギャロッピングは、電線に雪が三日月状に着雪し、外形が
翼状になり、これに風が横から吹きつけることにより、
電線に揚力が発生し、電線が振動し始めるもので、振動が大きくなると、
電線同士が接近し、回線が短絡して瞬時電圧低下をもたらす。

|

« ベクトル軌跡 | トップページ | 変圧器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/20186721

この記事へのトラックバック一覧です: ギャロピング:

« ベクトル軌跡 | トップページ | 変圧器 »