« 合成電流 | トップページ | 直流電動機 »

2008年3月 4日 (火)

接地工事

◆電力「接地工事に関する問題」

15ΩのB種接地工事で接地された100V単相2線式電線路がある。
これに接続された機器の外箱は85Ωの抵抗値でD種接地されている。
この回路で機器に地絡が発生すると、外箱の対地電位(V)および
この機器の外箱に1800Ωの人体が接触すると、
人体に流れる電流(mA)はいくらか。

解答

対地電位
85V

電流
47mA

解説

B種接地15ΩとD種接地85Ωで合計100Ωの抵抗値で
変圧器の中性点に接続されている。
ここで機器に値絡が起きると、閉回路か完成し1Aの電流が
流れる。

機器の接地抵抗85Ωに1Aが流れるので、
電位の上昇は85Vである。

また、1800Ωの人体が接触したとすれば、
85/1800=47mAの電流が流れる。

200mA程度の電流で人間は死亡することがあるといわれている。

|

« 合成電流 | トップページ | 直流電動機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/10948856

この記事へのトラックバック一覧です: 接地工事:

« 合成電流 | トップページ | 直流電動機 »