« 非常用予備発電機 | トップページ | 接地工事 »

2008年3月 3日 (月)

合成電流

◆理論「合成電流に関する問題」

ある回路網の1点に電流
i1=I1mSINωt と
i2=I2mSIN(ωt+π/2) が
流入している。
この2つの電流を合成した電流の最大値、及び
合成した電流とi1との位相差を求めなさい。

解答

合成電流の最大値
Im=√(I1m^2+I2m^2)

位相差
θ=ATAN(I2m/I1m)

解説

i1は最大値がI1m、角周波数はω、i2は最大値がI2m、角周波数はω
なので時間がたってもi1とi2の位相の関係は変化しない。
i2は、ωtの次にπ/2(90deg)が加えられているので、i1より
90度進んでいる。

合成電流Iは、
I=√(I1m^2+I2m^2)SIN(ωt+θ)

|

« 非常用予備発電機 | トップページ | 接地工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/10908696

この記事へのトラックバック一覧です: 合成電流:

« 非常用予備発電機 | トップページ | 接地工事 »