« 短絡電流 | トップページ | SOG »

2008年2月13日 (水)

天井クレーン

◆機械「天井クレーンに関する問題」

定格荷重50tの天井クレーンがある。クラブ重量30t、
クレーンの全重量100t、巻上げ速度2m/min、
横行及び走行速度20m/min、横行抵抗27kg/t、
走行抵抗25kg/tとし、
また機械的効率はいずれも70%とすれば、各電動機の
容量はそれぞれ何KWか。

解答

巻上げ電動機容量:23.3KW
横行電動機容量:10.1KW
走行用電動機容量:17.5KW

解説

巻上げ重量F(N)、速度V(m/s)、効率ηとしたとき、
巻上げ電動機容量P1は、

P1=FV/η=9.8×50×10^3×(2/60)×(1/0.7)
  ≒23.3×10^3(W)

横行電動機及び走行電動機容量をP2およびP3とすると

P2=9.8(50+30)×27×(20/60)×(1/0.7)
  ≒10.1×10^3(W)

P3=9.8(100+50)×25×(20/60)×(1/0.7)
  ≒17.5×10^3(W)

|

« 短絡電流 | トップページ | SOG »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/10484714

この記事へのトラックバック一覧です: 天井クレーン:

« 短絡電流 | トップページ | SOG »