« 屋内配線設計 | トップページ | 電圧降下 »

2008年1月 8日 (火)

交流積算電力計

◆理論「交流積算電力計に関する問題」

200(V)単相交流回路に,電流計及び単相電力量計を接続した
ところ,負荷電流は10(A),電力量計の円盤の回転数は1分間に20であった.この
負荷の力率として正しいのは次のうちどれか.ただし,電力量計の計器定数を
1000(回転/kWh)とする

解答 

負荷力率:60%

解説

負荷の皮相電力W
W=E・I=200×10/1000=2(KVA)

1分間に20回転を1時間に直すと、
N=20×60=1200(回転/H)

P=1200/1000=1.2(KWH)

Pf=P/W=1.2/2=0.6
・・・60%

|

« 屋内配線設計 | トップページ | 電圧降下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/9777610

この記事へのトラックバック一覧です: 交流積算電力計:

« 屋内配線設計 | トップページ | 電圧降下 »