« 光度、輝度 | トップページ | RL直列回路 »

2008年1月18日 (金)

受変電設備容量

◆法規「受変電設備容量に関する問題」

自家用電気工作物の負荷設備容量が800kW,需要率がO.7、
不等率0.9であるとき,必要とする受変電設備容量〔kVA〕は
次のうちどれか.
ただし,負荷設備の総合力率をO.8とする。

解答

630(KVA)

解説

W=800×0.7×0.9/0.8=630(KVA)

この問題の場合、需要率と不等率の間にそれほど大きな意味の違いは、
ないといえる。
負荷設備がいくつかの大きなブロックに分けられるとき、
不等率が意味を持つことがあるかもしれない。

この問題は、必要な受電変圧器の容量を問うている。
通常は、合計容量が負荷設備と同等容量の変圧器を設計する。
しかし、本問のように需要率、不等率が明らかな場合は、
変圧器の容量を小さくすることもある。

|

« 光度、輝度 | トップページ | RL直列回路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/9954755

この記事へのトラックバック一覧です: 受変電設備容量:

« 光度、輝度 | トップページ | RL直列回路 »