« 漏電遮断器 | トップページ | 電力の計算 »

2007年12月29日 (土)

電気工事士法

◆法規「電気工事士法に関する問題」

次のうち電気工事士でなければできない作業として
間違っているのはどれか。

1.相互を接続する作業

2.がいしに電線を取り付ける作業

3.電圧600V以下で使用する電力計もしくは電流制限器
またはヒューズを取り付け、または取り外す工事。

4.電線管、線樋、ダクトその他これらに類するものに
電線を収める作業。

5.電線管を曲げ、もしくはねじ切し、または電線管相互
もしくは電線管とボックスその他附属品とを接続する作業。

解答

3.

解説

1.電圧600V以下で使用する差し込み接続器、ねじ込み接続器、
ソケット、ローゼットその他の接続器または電圧600V以下で
使用するナイフスイッチ、カットアウトスイッチ、スナップスイッチ
その他の開閉器にコードまたはキャプタイヤケーブルを
接続する工事。

2.電圧600V以下で使用する電気機器(配線器具を除く。
以下に同じ。)または電圧600V以下で使用する蓄電池の端子に
電線(コード、キャプタイヤケーブルを含む。)
をねじ止めする工事。

3.電圧600V以下で使用する電力計もしくは電流制限器または
ヒューズを取り付け、または取り外す工事。

4.電鈴、インターホン、火災感知器、豆電球その他これらに類する
施設に使用する小型変圧器(二次電圧が36V以下のものに限る。)
の二次側の配線工事。

5.電線を支持する柱、腕木その他これらに類する工作物を設置し、
または変更する工事。

6.地中電線用の暗渠または管を設置し、または変更する工事。

|

« 漏電遮断器 | トップページ | 電力の計算 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/9625025

この記事へのトラックバック一覧です: 電気工事士法:

« 漏電遮断器 | トップページ | 電力の計算 »