« 放射能物質 | トップページ | 電気事業法改正 »

2007年12月 7日 (金)

電気防食法

◆機械「電気防食法に関する問題」

次の文中の空白に適当な用語を記入しなさい。

(1)「   」作用による金属の腐食は、
電流の(2)「   」する側で発生する。
これを防ぐ方法には、被防食金属が(3)「   」極
となるよう外部(4)「   」電源を用いる方法と、
(5)「   」化傾向の大きな金属を用いる方法がある。

解答

(1)局部電池
(2)流出
(3)陰
(4)直流
(5)イオン

解説

局部電池作用による腐食
不純物を含んだ金属を土壌中や海水に入れると、
局部電池が構成され、イオン化傾向の大きい金属側が
陽イオンとなって溶け出し、しだいに腐食される。

電気的な腐食を防ぐには、外部直流電源による外部電源法と、
電池作用を応用した起電力防食法の二つの電気防食がある。

用途は、地中埋設鉄管や鉛管、化学工場で海水を利用する鉄管、
鋼管、工場の冷却器、熱交換器、火力発電所の復水器
などの防食に広く用いられている。

外部直流電源による方法
地中に埋設された鉄管を例にとって考えると、
被防食金属(鉄管)の近傍に補助電極を埋設し、
鉄管には、直流電源の陽極を接続し、
補助電極には陰極を接続する。
こうすると、補助電極から鉄管に向かって電流が流れる。
この電流によって局部電池作用による電流を打ち消す。
補助電極では、腐食がおきるが、鉄管は電流が流出しないので、
腐食が起きない。

電池作用による方法
地中に埋設された鉄管を例にとって考えると、
被防食金属(鉄管)の近傍に
被防食金属よりイオン化傾向の大きい金属製の補助電極を埋設し、
両者を抵抗を介して導線で接続する。
こうすると、補助電極の側から鉄管に向かって電流が流れるので、
鉄管は腐食しない。

注:イオン化傾向/陽イオンについて・・・

けいこにかなこになおみにめぐみ。ある日突然てっちゃんと、
K       Ca      Na       Mg      Al     ZnFe            

ニッ○ンパブリカ、ホテルに急行。はがしてあがいて、パンティー洗う。
Ni Sn    Pb       (H)     Cu     Hg      Ag        Pt        Au

ニッ○ンに「パブリカ」っていう車はないのですが、
どこかのメーカーであったらしいです。 By:ウチの化学のセンセー。

|

« 放射能物質 | トップページ | 電気事業法改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/9293754

この記事へのトラックバック一覧です: 電気防食法:

« 放射能物質 | トップページ | 電気事業法改正 »