« 電力小売り自由化 | トップページ | 燃料電池 »

2007年11月 4日 (日)

コイルに蓄えられるエネルギー

◆理論「コイルに蓄えられるエネルギーに関する問題

環状鉄心に巻数500回のコイルが巻いてある。
コイルに100(A)の電流を流すとき、
コイルに蓄えられるエネルギー及び鉄心内の磁束を求めよ。
ただし、コイルのインダクタンスは0.2(H)とする。

解答 

コイルに蓄えられるエネルギー
1000(J)

鉄心内の磁束
0.04(Wb)

解説

W=(1/2)・LI^2 (J)

=(1/2)×0.2×(100)^2=1000(J)

このときの磁束をφとすれば、Lは単位電流による磁束鎖交数。

L=φ・N/I (H)

ゆえに、

φ=L・I/N=(0.2×100)/500=0.04 (Wb)

|

« 電力小売り自由化 | トップページ | 燃料電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/8756832

この記事へのトラックバック一覧です: コイルに蓄えられるエネルギー:

« 電力小売り自由化 | トップページ | 燃料電池 »