« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

コンピュータ

◆理論「コンピュータに関する問題」

1.文章中の「   」に略語を書きなさい.

(1)コンピュータによる自動生産システムを(A)「   」という.
(2)パソコンやワープロを使って企業経営を効卒的に
するものを(B)「   」という.
(3)OAとFAを統合し,企業全体の効果的な生産管理
をめざす動きを(C)「   」という.
(4)コンピュータ技術を用いて小産の自動化をすすめ
る動リきを(D)「   」という.

2.次の装置で,入力装置に入,出力装置に出,主記憶装置に主,補肋記憶装置に
補を( )に記入しなさい。
(1)キーボード( )(2)フロッピーディスク( )
(3)RAM( )(4)プリンタ( )(5)マウス( )
(6)OCR( )(7)プロッタ( )(8)OMR( )
(9)ライトペン( )(lO)イメージスキャナ( )

3.A群の略語に対応する答えをB群の中より選びなさい。
 A群        B群
(1)LSI   (ア)光学式マーク読取装置
(2)ROM   (イ)読込み,読出し可能の記憶素子
(3)OCR   (ウ)メモリ,プロセッサに用いるIC
(4)OMR   (エ)読込み専用の記憶素子
(5)RAM   (オ)光学式文字読取装置

解答 
1.
(A)CAM
(B)OA
(C)CIM
(D)FA

2.
(1)入
(2) 補
(3)主
(4) 出
(5) 入
(6) 入
(7)出
(8) 入
(9) 入
(lO)入

3.
(1)-(ウ)
(2)-(エ)
(3)-(オ)
(4)-(ア)
(5)-(イ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

地中電線相互の接近又は交差

◆法規「地中電線相互の接近又は交差に関する問題」

文中の空白に当てはまる数値及び語句を解答群の中より選びなさい。

低圧地中電線が高圧地中電線と、又は低圧もしくは高圧の地中電線が
(1)「   」地中電線と接近し、又は交差する場合において、
地中箱内以外の箇所で相互間の距離が(2)「   」cm
(低圧地中電線と高圧地中電線にあっては(3)「   」cm)以下
のときは、次のいずれかに該当する場合に限り、施設することができる。

a.それぞれの地中電線がつぎのいずれかに該当する場合。
イ.自消性のある(4)「   」性の被覆を有する場合。
ロ.堅牢な自消性のある(4)「   」性の管に納められる場合。

b.いずれかの地中電線が(5)「   」性の被覆を有する場合。

c.いずれかの地中電線が堅牢な(5)「   」性の管に納められる場合。

d.地中電線相互の間に堅牢な耐火性の隔壁を設ける場合。

解答群

(イ)低圧(ロ)高圧(ハ)特別高圧(ニ)15(ホ)30
(ヘ)50(ト)60(チ)100(リ)120(ヌ)難燃
(ル)自消(ヲ)不燃(ワ)耐火(カ)耐燃(ヨ)防燃

解答

(1)-(ハ)
(2)-(ホ)
(3)-(ニ)
(4)-(ヌ)
(5)-(ヲ)

解説

地中電線が相互に交差する場合に、地中電線の事故時のアーク放電に
よって他の地中電線に損傷を与えないように、離隔距離を規定している。
地中箱の内部においては、規定の離隔距離を保つことは、
地中箱の大きさの点から困難であるとともに、平常時の
点検が可能であることから除外している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

水銀灯

◆機械「水銀灯に関する問題」

次の水銀灯に関する問題に答えなさい。

(1)蛍光高圧水銀ランプは次のどの放電を利用したものか。

(a)グロー放電 (b)アーク放電 (c)火花放電

(2)高圧水銀灯の寿命(H)は、およそいくらか。

(3)高圧水銀ランプ、メタルハライドランプなどの高輝度放電灯を
総称して何と読んでいるか。

解答

(1)-(b)

(2)12000(時間)

(3)HIDランプ

解説

蛍光高圧水銀ランプは、
演色性を改善するために、外管に蛍光物質を塗り赤色不足を補っている。
さらに着色ガラスを外管に用いるなどして演色性を高めたものがあり、
効率は40~60lm/W、寿命は12000時間程度である。

水銀ランプの発光管中に金属ハロゲン化合物を添加し、
水銀の発光スペクトルに金属の発光スペクトルを加え、
効率と演色性を改善したものをメタルハライドランプと呼び、
効率は70~90lm/W、寿命は9000時間程度である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

MHD発電

◆電力「MHD発電に関する問題」

次の設問の空欄に当てはまる答えを解答群の中から選びなさい。

MHD発電の基本原理は、
導電性流体を(1)「   」と直角に流すと、
(2)「   」により両者と(3)「   」する方向に
起電力が発生する。
これは、流体のもつ(4)「   」エネルギーを
電気エネルギーに変換する(5)「   」の一種である。

解答群

(A)静電誘導
(B)熱
(C)直交
(D)磁界
(E)直接発電
(F)電磁誘導
(G)間接発電
(H)電界
(I)位置
(J)平行

解答

(1)-(D)
(2)-(F)
(3)-(C)
(4)-(B)
(5)-(E)

解説

電磁流体(MHD)発電は、磁界中において導電性ガスを高速で通過させるもので、
ガスの流れによって動く電子は磁界の作用によって偏向を受け電極に達する。
この電子を電極から取り出すことで電力を発生する。
MHD発電は、作動流体以外に可動部分がなく直接発電であるので、
構成が単純であるが、商用規模のものは、まだ製作されていない。
MHD発電の作動流体排ガスが持つ熱エネルギーを
汽力発電のボイラに利用するコンバインドサイクル発電は、
熱効率をさらに向上させることができるといわれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

計器測定範囲

◆理論「計器測定範囲に関する問題」

最大目盛(フルスケール)10mA、内部抵抗2Ωの直流電流計を、
最大目盛り100V及び1Aの電圧電流計とするための倍率抵抗r及び
分流抵抗Sはそれぞれ何Ωか。

解答 

倍率抵抗
9998(Ω)

分流抵抗
0.0202(Ω)

解説

「100Vの電圧計」

この直流電流計の内部抵抗に10mAの電流が流れたときの電圧降下は、

ER=I・R=10×10^3×2=20×10^-3=0.02(V)

100Vの電圧計とするときには、倍率抵抗の電圧降下は、

100-0.02=99.98(V)

この電圧降下を電流値で割ったものが、倍率抵抗の値である。

r=99.98/0.01=9998(Ω)

「1Aの電流計」

電流計のフルスケールが10mAだから、1Aの電流計とした場合の
最大目盛1Aを流したとき電流計側を通る電流が10mAとなるような、
分流抵抗(並列接続)を選べばよい。
この場合、電流計に0.01(A)流れたとき、
分流抵抗には、0.99(A)流れる。
電流は抵抗の逆比で流れるので、

0.99:0.01=2:S

0.99S=0.02

S=0.02/0.99=0.0202(Ω)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

自家用電気工作物

◆法規「自家用電気工作物の官庁手続きに関する問題」

1.自家用電気工作物(需要設備)において、工事計画の認可を要する
ものは、受電電圧が何V以上となっているか。

2.自家用電気工作物の設置者が非常用予備発電装置を設置する場合、
所轄経済産業局長に工事計画を事前に届け出なければならない出力は、
電気事業施行規則で何(KW)以上と定められているか。

解答

1.
無し

2.
無し

解説
工事計画の認可を要するもの
旧電気事業法では、
受電電圧1万V以上の需要設備の設置または変更は、通商産業大臣または
所轄通商産業局長に工事計画認可申請、工事計画書など、また変更の場合は
理由書などを提出し認可を得て、工事に着手する。
となっていたが、
平成7年の改正電気事業法において、
5百KW以上または1万V以上の設置工事については、
事前届出でよいことになった。

工事計画の事前届け出を要するもの
旧電気事業法では、
受電電圧1万V未満で、最大電力500KW以上の需要設備、または
100KW以上の非常用予備発電設備の設置または変更の場合は、
所轄経済産業局長に工事開始の30日前までに、
工事計画の届け出書、工事計画書などを届け出る。
となっていたが、
平成7年の改正電気事業法において、
公害関係規制法の引用により設備範囲を限定して
事前届出をすればよいことになり、
原動機出力の規定はなくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

昇圧器

◆機械「昇圧器に関する問題」

一次電圧200V、二次電圧220V、自己容量1KVAの単巻変圧器を
配電線路の昇圧器としてしようする場合、二次側に接続できる負荷の
最大を求めよ。

解答

11(KVA)

解説

自己容量=昇圧分×負荷電流

W=eI2=I2・(V2-V1)

自己容量=20×I2=1000(VA)

ゆえに

I2=1000/20=50(A)

したがって負荷の最大は、

P=220×50×10^-3=11(KVA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

燃料電池

◆電力「燃料電池に関する問題」

つぎの燃料電池に関する各設問に答えなさい。

1.燃料電池は、次のどの発電方式に該当するか。

(A)直接発電方式   (B)間接発電方式

2.燃料電池は、大気中の酸素と次のどの元素との電気化学反応による発電か。

(A)炭素  (B)水素  (C)窒素  (D)イオウ  (E)リン

3.設問2の元素は次の何を改質して得られるか。

(A)重油  (B)ナフサ  (C)メタノール  

4.燃料電池は、使用する電解質の種類で分類されるが、現在実用段階にあるのは
どれか。

(A)溶融炭酸塩形燃料電池

(B)リン酸形燃料電池

(C)固体電解質燃料電池

解答

(1)-(A)

(2)-(B)

(3)-(C)

(4)-(B)

解説

燃料電池は、化学エネルギーを直接、電気エネルギーに変換する電池である。
多孔質電極の一方に水素を、他方に酸素を送り込むと次のような反応が
行われる。

H2 → 2H(+)+2e(-)

(1/2)02+2H(+)+2e(-) → H2O

水素分子は、電子を放出して水素イオンとなり、電解質中を通り酸素分子と
一緒になり水になる。
電子は外側の負荷電気回路を伝わって電極に達するので、電力を取り出す
ことができる。

燃料電池は、効率が高くエネルギーの有効活用の点で優れており、
また有害な排ガスや騒音も少なく、小形で設置場所を選びやすいので、
将来多く用いられると予想されている。
現在、最も開発が進んでいるのは電解質にリン酸を用いたリン酸形と
呼ばれる燃料電池であり、1000KW程度のものが制作されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

コイルに蓄えられるエネルギー

◆理論「コイルに蓄えられるエネルギーに関する問題

環状鉄心に巻数500回のコイルが巻いてある。
コイルに100(A)の電流を流すとき、
コイルに蓄えられるエネルギー及び鉄心内の磁束を求めよ。
ただし、コイルのインダクタンスは0.2(H)とする。

解答 

コイルに蓄えられるエネルギー
1000(J)

鉄心内の磁束
0.04(Wb)

解説

W=(1/2)・LI^2 (J)

=(1/2)×0.2×(100)^2=1000(J)

このときの磁束をφとすれば、Lは単位電流による磁束鎖交数。

L=φ・N/I (H)

ゆえに、

φ=L・I/N=(0.2×100)/500=0.04 (Wb)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

電力小売り自由化

◆法規「電力小売り自由化に関する問題」

電力の小売り自由化について述べよ。

解答

 1995年4月、31年ぶりに電気事業法の大幅な改正が行われました。

【’95年電気事業法改正の要点】

・ 卸発電市場 の活性化
・ 特定電気事業 の創設
・ ヤードスティック査定 に基づく新料金制度など

 ’97年5月には「経済構造の変革と創造のための行動計画」が閣議決定されるなど、経済構造改革における本格的な規制緩和の流れのなかで、電気事業全体のさらなる効率化を図ることを目的に、同年7月には、通商産業大臣の諮問機関である電気事業審議会基本政策部会が始動しました。
 その後、’99年1月に電気事業審議会の報告書がとりまとめられ、電力の供給システムの見直しにあたっては、効率化と公益的課題の両立を前提として、電力の小売部分自由化を軸とした制度改革を行うことが示されました

【効率化と公益的課題の両立】

効率化(電気料金低廉化の要請)  
 市場(競争)原理の導入により、電力会社に対しインセンティブを与え、より一層のコストダウンを推進させること。
 

そして電気事業審議会の議論、パブリックコメントなどを経て、’99年5月14日に改正電気事業法が成立し、2000年1月4日部分施行、同年3月21日全面施行となりました。
【改正電気事業法の概要】
1. 小売への部分自由化の導入
2. 料金規制の見直し
3. 発電市場のさらなる活性化  
4. その他  
● 料金引下げ時における届出制の導入
● 電力会社の経営自主性の尊重  
● 選択約款メニューの拡大
● 電力会社の兼業規制の撤廃など
 

法改正によって、これまで地域の電力会社(全国の10電力会社)に限って認められていた電力の小売事業は、他企業が参入(「新規参入者」といいます。)できることになりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »