« 大気汚染防止 | トップページ | 電力小売り自由化 »

2007年10月27日 (土)

溶接機

◆機械「溶接機に関する問題」

文中の空白に適合する答を解答群の中より選びなさい。

抵抗溶接は、溶接すべき母材を合わせ、その接触部に
電流を流し(1)「   」によるジュール熱によって
加熱溶融し、圧力を加えて行う溶接である。
アーク溶接に比べて温度が(2)「   」く、
溶接後の変形が少なく、溶接電流が大きいという
特徴がある。
また、(3)「   」生産に適した高効率溶接が可能である。

アーク溶接は、溶接するべき金属材料(母材)と溶接用電極との
間に発生した(4)「   」熱により、金属を加熱溶融して
接合させるものである。
電源として交流と直流が用いられ、アーク安定化のため、
電源の外部特性は(5)「   」特性を持たせなければ
ならない。

解答群
(ア)誘導抵抗(イ)接触抵抗(ウ)低(エ)電極(溶接棒)
(オ)少な(カ)大き(キ)小量(ク)多量(ケ)アーク
(コ)直流(サ)交流(シ)垂下

解答

(1)-(イ) (2)-(ウ) (3)-(ク)
(4)-(ケ) (5)-(シ)

解説

抵抗溶接
抵抗溶接は、溶接する部材の接触部に電流を流し、
ここに発生する抵抗熱により加熱溶融し、圧力を加えて
行う溶接。
スポット溶接、プロジェクション溶接、シーム溶接、
バット溶接、フラッシュ溶接、高周波抵抗溶接
などがある。

アーク溶接
アーク溶接には、大別して、溶接棒を母材の溶接部に
溶かし込む溶極式と、溶接電極はほとんど溶けず添加棒を
入れて溶かし込む非溶極式がある。
被覆アーク溶接、炭素アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、
MIG溶接、タングステンイナート溶接などがある。

|

« 大気汚染防止 | トップページ | 電力小売り自由化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/130958/8636772

この記事へのトラックバック一覧です: 溶接機:

« 大気汚染防止 | トップページ | 電力小売り自由化 »